人生で大事なのは「ジジ殺し」のスキルである

「サードドア」で奇跡のルートが開かれる

独立系ベンチャーキャピタリストの佐俣アンリ氏が語る、サードドアを開けるための「ジジ殺し」とは?(写真:EKAKI/PIXTA)
発売たちまち11万部突破のベストセラーとなっているアレックス・バナヤン著『サードドア:精神的資産のふやし方』。
18歳の大学生が、期末試験前日に一念発起してテレビのクイズ番組に出場し、ビル・ゲイツ、スピルバーグ、レディー・ガガなど世界屈指の成功者たちに突撃インタビューしようと七転八倒する実話だ。
20代のとき、日本でも数少ない独立系ベンチャーキャピタリストとしての道を選び、自分でも「サードドア」を開け続けてきたと語る佐俣アンリ氏が、サードドアをくぐり抜けるスキルを語る。

日本のサードドアは空いている

この本、人生を成功に導くには、自分だけの裏道(サードドア)があるっていう話ですよね。僕も「サードドア」を開け続けて今があるから、著者のアレックスがやっていることはすごく共感できるし、面白い本です。

全米話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

僕もアレックスみたいに、いろんな人からの紹介、紹介、とつながっていって、たくさんの人に会ってきた。初めてサイバーエージェントの藤田晋さんに会ったときも、アレックスと同じで、ガチガチに緊張していました。

日本は基本的には大企業の国で、産業構造もそう簡単には変わらない。人口動態も逆ピラミッドで高齢者が増えていく。そんななかで、正面からのルートなんてどんどん狭くなっているし、正攻法には幸せなんてあまり残っていないと思うんですよね。

でもサードドアを見つけられれば、奇跡のルートが開かれるんです。日本では、裏道を覚えないとダメです。つまり、サードドアを抜けるスキル。いまの60~70歳代の方々には高度成長期の知見がたまっている。だから言葉は悪いですけど、その「ジジ殺し」をすべきなんです。

次ページ自分を育ててくれた「じじい」の重要性
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT