「怖いもの知らずの起業」が全然ダメな根本理由

「サードドア」著者、未来の起業家に語る

講演が終わった後、会場からたくさんの質問が寄せられた。そのいくつかを紹介しよう。

日本人の悩みに、どう答えたか

――僕は人の悩みを集めて解決するというプラットフォームを作りたいと思っています。でも、人々を巻き込むことができないという悩みがあります。

あなたの悩みは、起業する人は誰もが直面することですね。まず、あなたのアイデアが、自分自身のためのものなのか、それとも本当に解決策を必要としている人のためのものなのかを、自問自答してください。気をつけるべきは、「あったらいいな」と思うものでなく、心の底から必要だと思うものを作ることです。「欲しい」と「必要」は違います。

人は、自分がいいと思うことだけではなく、自分と同じものを信じる人、同じ信条を持っている人を助けたいと思うものです。作りたい会社のミッションやビジョンをすばらしい言葉で語ることはできます。でもそれをアピールしただけでは共感は得られません。

人に共感してもらい、巻き込むには、自分が怖いと思っていることも伝えること。そして、なぜこれが必要だと思うかを伝えることです。あなたの本心、恐怖、それを飾ることなく話してください。そうするなかで、あなたとつながりたいと思う人が現れるでしょう。

――子育て中のお母さんのために起業したいと思っています。でも「母親はこうあるべき」という無言のメッセージが強く、壁を感じています。まず家族など身近な人の理解を得たいのですが……。

私たちの文化にも、いい母親はこうあらねばならない、それは悪い母親だ、といったことはあります。でも自分が後悔してまで、他人がこうあるべきだというものに従うべきだろうか、とも思います。

私は、家族に従えとも、子どもを放っておいていいとも言っているわけではありません。でも、ぜひ考えてほしいことがあります。あなたはなぜ、「壁を感じる」「うまくいかない」「これでいいのだろうか」と思うのでしょう?

それは、他人からそう判断されて「恥ずかしい」と感じている部分があるからなのか。それとも自分が自分を信じていないからなのか。なにか不安があったり、居心地の悪さを感じたりすることは誰にでもありますが、その原因は人それぞれ違います。まずは自分自身を知らなければ、正しい答えも見つかりません。

これはどんな人にも言えます。起業家になろうというとき、周囲の人は「そんなの間違いだ」と言うかもしれません。その声に従って別の道を目指すというのも選択です。今日この場所に来ない、というのも選択です。起業など目指さず、現状を受け止めてそのまま過ごす人にも理由があるのです。

でも、これが自分のしたいことなのだと強く思うならば、立ち向かう覚悟をしてください。やろうとすることを否定され、身近な人が助けてくれないことは、実は大いにありえることです。ビジネスをするには、たくさんの痛みや苦しみ、間違いがあります。でもそれが新しいことに挑戦するということです。精神的な苦しみも、プロセスの1つだと受け入れつつ進むことができるか。ぜひ、情熱を向けられるものを見つけてください。

壁をどう乗り越えるかという問題に当たったとき、多くの人が注目しがちなのは、資金がない、人脈がない、周囲の理解がないなど、外側の障害です。でもそれは目的を遂行するための半分でしかありません。

本当に難しいのは、残りの半分。それは自分の中にあるものです。自分の恐れや不安とどう向き合うのか。どう葛藤を乗り越えるかということです。自分に対して、挑戦していいんだという許しを与えてください。自分の選択は自分で決めることができるのです。ぜひ可能性を信じてほしいと思います。

(構成:泉美木蘭)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。