会社員が毎日出勤する意味はどれだけあるのか

場所に縛られないことの想像以上の効用

毎日通勤してオフィスで働くというあり方から、「出社しないスタイル」の働き方にはどんなメリットがあるのでしょうか?(写真:まちゃー/PIXTA)
来年の東京オリンピックに向けて、政府からは働き方改革を進める政策がいくつも掲げられ、それらに参加する企業も増えてきました。そんなタイミングで、「出社しないスタイル」の働き方を提案したいというのは、『メンバーが勝手に動く最高のチームをつくる プレイングマネジャーの基本』著者の伊庭正康氏です。
「会社にいる=仕事している」という考え方はもう古いという、その理由と対策案を聞きました。

本当に、毎日出勤する必要はあるのだろうか?

2020年の東京オリンピック開催期間中の交通混乱を避けるため、さまざまな政策が打ち出されています。

政府が本番テストとして今年の7月から9月の約1カ月間を「テレワーク・デイズ2019」実施期間と設定してテレワークの一斉実施を呼びかけたり、東京都の小池知事がオフピーク通勤を推奨する「時差Biz」の取り組みを始めるなどしていますが、あなたの会社では実施されていますか?

実際、2012年に開催されたロンドンオリンピックでは、ロンドン市内の企業の約8割の企業がテレワークを実施し、大会期間中の交通混乱を回避したそう。日本でもこれを機に、働き方改革がグッと進んでほしいものです。

そんな働き方改革の波に乗って、私も思い切った提案をしてみたいと思います。もし許されるなら、「出社しないスタイル」の働き方に挑戦してみてはいかがでしょうか。例えば、「ノー・オフィスデー」です。これは、

・できれば週に数回、難しければ月に数回、直行直帰を奨励する
・自宅でのリモートワークを推奨する
・最近増えている、コワーキングスペースでの仕事を推奨する

というもので、現在の「働き方改革」を推し進める潮流と完全に合致しています。

次ページ「ノー・オフィス」を推進すると、生産性が上がる
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「満足度No.1」は本当か<br>英語コーチング広告で紛糾

近年急拡大し伸び盛りの英語コーチング業界が広告・宣伝のあり方をめぐって真っ二つに割れています。大手プログリットの広告に対し、同業他社が猛反発。根拠薄弱な宣伝文句が飛び交う、ネット広告の構造問題に迫ります。

東洋経済education×ICT