マイクロソフトが「週休3日制」を導入するわけ

「ワークライフチョイス」の時代がやってきた

マイクロソフトは8月から週休3日制度を試験導入する(写真:まちゃー/PIXTA)
日本マイクロソフトが8月の1カ月間、「週休3日制」を試験導入する。全社員が対象で、8月の金曜日をすべて有給の「特別休暇」とし、国内の全オフィスを閉鎖する。社員にはスキルアップや家族旅行などの時間に充ててもらうという。
週休3日制は、2017年にヤフーが育児や介護を抱える従業員を対象に導入。アクセンチュアも育児や介護などを抱える従業員に、週20時間および週3日以上という範囲内で短縮勤務制度を導入している。
ただ、全社員を対象に導入するケースは大手企業では珍しい。日本マイクロソフトで働き方改革を推進してきた岡部一志・業務執行役員に制度導入の狙いを聞いた。

本来の狙いは「週4日勤務」制

――8月から「週休3日制」を試験導入します。

国内の全社員約2300人を対象に、8月の金曜日を休暇とする。ただ、週3日休むことを目的とする「週休3日制」というより、週4日間で5日分の仕事をこなす「週勤4日制」が本来の狙いだ。「短い時間で働き、よく休み、よく学ぶ」ようにするのが目標だ。

今年8月に実施し、来年8月も同様に実施する予定だ。その成果を検証して、今後の働き方改革につなげたい。ただ「週勤4日制」を標準とすることは考えていない。そこまですると、会社の経営戦略からすべて変わってくる。あくまで時間の使い方をより効率化させることが狙いだ。

――そのように狙う理由は何でしょうか。

大きな理由は2つある。1つはマイクロソフトの事業の軸にある顧客の生産性向上を、自社でも実践することだ。パソコンのウィンドウズOSにしても、ワードやエクセルといったOffice製品にしても、もともとわが社は、いかにして人々の仕事や生活の生産性を高めるかという課題解決を事業の軸としてきた。

今はソフトウェアを作り、「買ってください」と営業する時代ではなくなっている。顧客がITを使いこなしている時代には、自社がいかに生産性向上を実践しているかが問われる。だからこそ、(勤務日数が)週4日でも週5日と同じだけの成果を出せることを証明したいと考えている。

もう1つの理由は、新たなアイデアやイノベーションを生むには、やはり仕事を効率化したうえで、よく休み、よく学ぶことが重要だからだ。全社一斉に試験導入することで、社員に効率的な働き方の実践を促したいと考えている。

次ページワークライフバランスではなく、ワークライフチョイス
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。