「カフェで仕事する人」はぶっちゃけ邪魔か

コーヒー1杯で居座られても…

パソコンとにらめっこするお客さんばかりでお店を占領されてしまったら…(写真:JohnnyGreig/iStock)

カイル・グランビルは、ロサンゼルスのロスフェリス地区にあるカフェの共同オーナー。おいしいコーヒーとワッフルを提供する店は大盛況で、オープン3日目にして、70席のテラス席は満席になった。

さぞかし喜んでいるかと思いきや、グランビルの表情は暗い。「みんなヘッドフォンを着けてパソコンとにらめっこだ」。そう言うと、オフィススペースにあるWi-Fi(無線LAN)ルーターの電源を切り、ゴミ箱に放り込んだ。

アメリカ人の4割以上が在宅ワーク

レンガづくりの建物の中庭で、客どうしがおしゃべりに興じる憩いの場――。グランビルが思い描いたのは、そんなスペースだった。ノマドワーカー(在宅ワーカーやフリーランサー)に占拠されて、静まり返ったリモートオフィスではない。

もちろん無料Wi-Fiがなくても、スマートフォンのテザリング(ホットスポット)機能を使えばインターネットにつなぐことはできる。それでもグランビルは、店の姿勢をはっきりさせたかった。

それから約1年半。ある平日の午前に店をのぞいてみると、中庭は相変わらず満席だったが、みんなおしゃべりに興じている。パソコンを使っているのは1人だけだ。

カフェに長居するノマドワーカーは昔からいた。だが、その数が目立って増えていると、カフェのオーナーたちは言う。2016年のギャラップの調査によると、アメリカのサラリーマンで、ときどき在宅ワークをするという人は43%に達した。労働時間の半分以上を在宅でこなしている人は、2005年の2倍以上いるという調査結果もある。

次ページ5ドルのコーヒーで3時間居座る客たち
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>「組合介入」を許した経営

国鉄時代、管理職を組合員が「吊るし上げる」場となり、職場を荒廃させた「現場協議」。これをひそかに復活させていたJR北海道。元社長自殺の引き金になった可能性がある。