「カフェで仕事する人」はぶっちゃけ邪魔か

コーヒー1杯で居座られても…

そこにフリーランサーが加わるから、ノマドワーカーの数が大きく膨らむのも不思議ではない。もちろん在宅ワーカーのなかには、文字どおり自宅で仕事をする人もいるが、かなりの数が街中のカフェを利用している。

スターバックスのように、大量のテイクアウト客がいるチェーンは、さほど影響を感じていないかもしれない。だが、小規模なカフェやレストランにとっては切実な問題だ。「5ドルのコーヒーで3時間居座られたら商売にならない」と、2カ月前にエスプレッソ・カフェを開いたデビッド・ウィンは言う。

パソコン専用の部屋を設けたが…

店側の選択は二つに一つ。心を鬼にしてノマドワーカーたちに出ていってもらうか、または彼らが罪悪感から注文を増やすか、短時間で自分から移動してくれるのを祈るかだ。

ただ、どちらがいいという正解はない。「あれこれルールのあるカフェにはしたくない」と、Wi-Fiサービスをやめたグランビルは言う。ニューヨークのクイーンズに25席のカフェを開いたリッチ・ニエトは、「パソコン使用可」の部屋を設けることで問題は解決したと思った。

ところがある日、8席のパソコン室が満席になると、入れなかった客が別の部屋に席を取り、電源を隠してあった壁紙をはがして、パソコンのコンセントを差し込んだ。「お手上げだよ」と、ニエトはため息をつく。「初めてパソコンを抱えた客を見たとき、『すみませんが、パソコンは使えません』と言ったら、イェルプ(レストラン口コミサイト)で星を1つにされた」。

ウィンのエスプレッソ・カフェは、ノマドワーカーを受け入れているが、ちょっとした工夫をしている。無料Wi-Fiを使いはじめて2時間経つと、新しいパスワードを店員に直接聞かなければならないのだ。そのコミュニケーションと、キッチンからの料理のにおいで、コーヒー客にランチも注文させる狙いだ。この戦略はなかなかうまくいっているという。

次ページおカネを払わせる工夫も
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT