「カフェで仕事する人」はぶっちゃけ邪魔か

コーヒー1杯で居座られても…

たとえば、同じカフェで仕事をするのは1日3時間以内で、週3回まで。必ずコーヒーとペストリーを注文し、ときどきテイクアウトのランチを注文すること、などだ。

一方、ローズカフェでよくジョンソンと同じテーブルになるブライアン・スウィッチカウは、こうしたルールを設けていない。店のインスタグラムにもよく登場する彼は、週に6〜7日、午前中いつも同じ席に座る。オンラインマーケティングのコンサルタントをしていて、ローズカフェから電話でクライアントの相談に応じることもよくある。

「仕事しにくい」店作りも

スウィッチカウは、コーヒー代(多くの場合朝食もとる)、場合によってはテイクアウトのランチ代として、月350ドルと予算を決めている。ビジネスランチや飲み会は、必ずローズカフェでするようにしている。それらを含めても、コワーキングスペースを使うよりも約100ドル安上がりだという。

だが、世の中には、ジョンソンやスウィッチカウのように、カフェにきちんとおカネを落としていくノマドワーカーばかりではない。クイーンズのニエトの店で、壁紙を破って電源を使った客がいい例だ。このため小さなカフェのオーナーたちは、「仕事をしにくい店作り」にも力を入れている。

グランビルがこの春、ロサンゼルスのハイランドパークにオープンする店は、15席だけのスモールカフェ。「プリンスの曲がガンガン流れる狭い店で、パソコンを開いて仕事を始める客がいたら、ある意味であっぱれだね」と、グランビルは肩をすくめた。

(執筆:Karen Stabiner記者、翻訳:藤原朝子)
© 2018 New York Times News Service

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 本当に強い大学
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT