コメダ珈琲、高齢者を虜にする「もう1つの顔」

愛知県内のみで展開する「和風喫茶」の潜在力

コメダが愛知県のみで展開している「和風喫茶」をご存じですか?(撮影:梅谷秀司)

6月に東証1部に株式上場したコメダホールディングス。その傘下のコメダは、独自の喫茶店文化を持つ愛知県で創業し、今や東北から九州まで約680店舗を擁する一大チェーン「珈琲所 コメダ珈琲店」を運営する会社としておなじみだ。今年は中国・上海に海外1号店をオープンしている。

そのコメダが、コメダ珈琲店以外にも店舗を手掛けているのをご存じだろうか。ひとつは高級喫茶店の「吉茶(きっちゃ)」で、2005年に1店舗を実験的に開店したものの、2013年に閉店した。もうひとつは1999年に第1号店をオープンした「甘味喫茶 おかげ庵」で、こちらは現在7店舗を構えている。

平日の昼過ぎ、広い駐車場の多くが埋まっている

7月6日発売、週刊東洋経済臨時増刊「飛翔する名古屋2016」。書影をクリックするとアマゾンの販売ページにジャンプします

東京在住の筆者におかげ庵の存在を教えてくれた名古屋在住の知人は「おかげ庵は高齢者のたまり場になっている」と付け加えた。和風喫茶を訪れる人はもともと高齢者が多いという印象だったので、さほど違和感はなかったものの、この言葉の真意を探るべく、6月に名古屋郊外の住宅街にある店舗へと向かった。

平日の昼過ぎに訪れると、広い駐車場の多くが埋まっている。高級輸入車も数台目にすることができた。名古屋はクルマ社会なので、郊外の喫茶店は駐車場を用意するのが当然であり、おかげ庵も市の中心部にある店舗を含めて、すべて駐車場を備えている。

店に入ると、半分以上のテーブルが埋まっていた。53歳の筆者より上と思わしき客が過半数を占めている。車いす利用者もいた。確かに、高齢者が多い。

次ページメニューはコメダ珈琲以上に多彩
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! 不動産<br>大荒れ市況を徹底分析

コロナショックが直撃したのは、ホテルや大都市に立地する商業施設です。一方、郊外の商業施設や物流施設は需要増に沸いています。分譲マンションやオフィスビルの先行きには不透明感が漂います。不動産業界における明と暗。その最前線に肉薄します。