くら寿司のサイドメニューは何がスゴイのか

「しゃりカレー」に続くヒット作が次々に登場

2015年7月に登場した「しゃりカレー」は、その後多くのラインナップが追加された(撮影:今井康一)

回転すし大手「くら寿司」を展開するくらコーポレーションは、上期(2015年11月~2016年4月)に純利益23億円と前年同期比2割増で着地。その牽引役となったのがサイドメニューだ。

仕入れ額の約7割を輸入水産物に頼るくら寿司にとって、昨今の円高基調がプラスになることは確かだ。ただ、利益が伸びている主因は、魚介類の使用が少ないすし類以外の商品、いわゆるサイドメニューの開発強化にある。

くら寿司はラーメンやコーヒー、デザート類といったすし店らしからぬメニューの拡充に、いち早く取り組んできた。象徴的なのが、2015年7月に発売した「しゃりカレー」だ。シャリ(酢飯)とカレーを組み合わせた異色メニューだが、発売から3カ月で累計100万食を突破する人気商品になった。同年9月には子どもが食べやすい甘口を投入。さらに、11月には「特製とんかつ」や「ふわとろ玉子」などのトッピングを追加。ラインナップを拡充したことで需要が喚起され、好採算のカレーが売れると、既存店の利益に安定して寄与するという好循環が生まれている。

うな丼、冷やし中華も投入

今年5月に新投入された「冷やし中華はじめました」

余勢を駆って、2016年3月には肉厚のうなぎを使用した「すしやのうな丼」を投入。さらに、5月には7種の魚介だれを使った「冷やし中華はじめました(注:これが商品名)」と、「プレミアかき氷」を発売した。

このようなサイドメニューはこれまでくら寿司の売上高の20~25%を占めていたが、今上期は3割近くにまで増えた。

くら寿司は年間2000種類ものメニューを試作していることで知られるが、実はそこから商品化までのハードルが高い。

次ページ年間2000種類の試作から新商品を厳選
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT