くら寿司のサイドメニューは何がスゴイのか

「しゃりカレー」に続くヒット作が次々に登場

2015年7月に登場した「しゃりカレー」は、その後多くのラインナップが追加された(撮影:今井康一)

回転すし大手「くら寿司」を展開するくらコーポレーションは、上期(2015年11月~2016年4月)に純利益23億円と前年同期比2割増で着地。その牽引役となったのがサイドメニューだ。

仕入れ額の約7割を輸入水産物に頼るくら寿司にとって、昨今の円高基調がプラスになることは確かだ。ただ、利益が伸びている主因は、魚介類の使用が少ないすし類以外の商品、いわゆるサイドメニューの開発強化にある。

くら寿司はラーメンやコーヒー、デザート類といったすし店らしからぬメニューの拡充に、いち早く取り組んできた。象徴的なのが、2015年7月に発売した「しゃりカレー」だ。シャリ(酢飯)とカレーを組み合わせた異色メニューだが、発売から3カ月で累計100万食を突破する人気商品になった。同年9月には子どもが食べやすい甘口を投入。さらに、11月には「特製とんかつ」や「ふわとろ玉子」などのトッピングを追加。ラインナップを拡充したことで需要が喚起され、好採算のカレーが売れると、既存店の利益に安定して寄与するという好循環が生まれている。

うな丼、冷やし中華も投入

今年5月に新投入された「冷やし中華はじめました」

余勢を駆って、2016年3月には肉厚のうなぎを使用した「すしやのうな丼」を投入。さらに、5月には7種の魚介だれを使った「冷やし中華はじめました(注:これが商品名)」と、「プレミアかき氷」を発売した。

このようなサイドメニューはこれまでくら寿司の売上高の20~25%を占めていたが、今上期は3割近くにまで増えた。

くら寿司は年間2000種類ものメニューを試作していることで知られるが、実はそこから商品化までのハードルが高い。

次ページ年間2000種類の試作から新商品を厳選
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT