「元受刑者専用」の求人情報誌が生まれた理由

「非行歴・犯行歴」を持ちながら生きていく

非行や法を犯し、前科前歴を持つ人々のための求人誌があります(撮影:尾形文繁)

履歴書というと、どんな形式を思い浮かべるだろうか。氏名や年齢、住所、出身校、職歴などがごく一般的な記載項目だろう。

ところが求人情報誌『Chance!!』に付属の履歴書は、一般的なそれとは大分異なる。「非行歴・犯行歴」「再犯しないための決意や具体策」「少年院・刑務所など施設内での自分の行い」など、見慣れない項目がずらりと並ぶ。

掲載されている求人情報も独特だ。仕事内容や給与などのほかに、「採用できない罪状・病状」「応募可能なタイミング(例:出所まで1年を切った時点)」などが記載されている。そう、『Chance!!』は受刑者などに特化した求人情報誌なのだ。

全国の刑務所や拘置所、少年院などに配布

同誌は株式会社ヒューマン・コメディの代表である三宅晶子さんが2018年に創刊。以来、年4回のペースで発行されている。

毎号、建設業や飲食業、製造業、タクシー業など二十数社の求人を掲載。全国の刑務所や拘置所、少年院、更生保護施設などに配布するほか、希望があれば受刑者本人にも郵送している。

求人情報誌『Chance!!』に付属されている履歴書。犯罪歴を記入する欄のほか、「入れ墨の有無」や「被害者との関り」といった項目もある(撮影:尾形文繁)

社会的意義は大きそうだが、かなりニッチな求人誌である。インタビュー開始早々、創刊のきっかけについて聞くと、「元受刑者が出所した後、就職しようとしても難しいことを知って……」と話したところで、三宅さんは言葉を止めた。「そういえば私、(撮影もあるのに)全然顔を見てなかった。リップクリーム塗っていいですか?」。

少々硬かった取材場所の会議室の空気が、一気に和んだ。自然体という言葉がぴったりの笑顔を浮かべ、三宅さんは改めてこれまでの経緯を語ってくれた。

次ページ知人の解体業社長からの指名
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。