パナや日立が事業を売った投資ファンドの正体

日系PE・ポラリス社長が明かす期待とリスク

――上場子会社を持ち、株価が割安なコングロマリット・ディスカウント状態の会社はたくさんあります。今後のカーブアウトの形態としては、どんなケースが想定されるのでしょうか。

パナソニックのケースは少し違ってきているが、今までは細かい事業を順次カーブアウトしてきた。今後はかなり大型の部分を切り出そうという動きが出てくる。

――パナソニックからはセキュリティカメラ部門を買収しました。

10月1日に(取引は)クローズする。日本市場の半分はパナソニック製だが、アメリカ市場の警察部門や医療分野などに未開拓ゾーンがある。われわれのような外のリソースを投じることで、手つかずの事業を伸ばすことに意味があるのでは。

地方銀行への投資は慎重に考える

――例えば、リーマンショックのような危機時に投資するか否かで、ファンドのパフォーマンスが変わってきます。

(2004年に立ち上げた)1号ファンドのリターンは最上級とは言えないが、そこそこ。リーマンショック前(の2007年)に立ち上げた2号ファンドはトップクラスのリターンだった。アービトラージをいちばんエンジョイでき、時期的によかった。

3号ファンドは、エントリープライスが上がってきたので、2号ファンド並みではなかった。4号はスタートしたばかりでわからないが、それほど悪いリターンにはならないだろう。

ネット投資倍率で2倍がメルクマールで、これを超えると投資家からは優等生だと言われる。5号ファンドはアービトラージがあまり期待できないので、レバレッジとEBITDAの押し上げでしっかり対応していく。そのために、社内にバリューアップグループをつくり、コンサルティング会社出身の人間をヘッドに週の2、3日は投資先に常駐させ、EBITDA改善に取り組んでいく。

――経営難の地方銀行が増えています。どうみますか。

私どもは金融機関を投資対象にしていない。規制業種であることと、社会インフラを宿命として負っている。一定の(業績の)伸びしろはあるが、限界があり、バリューアップの余地があまりないのではないか。

(地方銀行を含めた)金融機関は、私どもへ投資してもらっている。そのお金を使って特定の金融機関に投資していくのはどうか。(地銀への投資は)慎重に考えている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT