何割の人が「働かないオジサン」になるのか?

これが、オジサン社員の4類型だ!

70%が「働かないオジサン」になる?

こうしてみてくると、全体の70%が、イキイキ働く「会社人間型(Ⅰ)」から、「いい顔」でなくなる「組織埋め込み型(Ⅲ)」「無気力型(Ⅳ)」に移行している

数値は正確なものではないが、50代の社員にヒアリングしながら作成したので、ある程度の真実性はあるのではないかと考えている。細かい割合はともかくとして、30年の歳月を経ると、充実感をもって働く社員が、これほど減ってしまうのである。

中高年のライフプラン研修を数多くこなされている講師に、話を聞いたことがある。受講者に職業人生の満足度を表してもらうと、充実度の高い時期は30~40代で、最も下降するのは50代。そして60歳を終点として下降し続けるという。

それに呼応するように、年齢を経ながら、多数の社員が、「会社人間型(Ⅰ)」から「組織埋め込み型(Ⅲ)」や「無気力型(Ⅳ)」に移行する。それは一体なぜなのだろうか?

今まで述べてきた、ピラミッド組織や新卒一括採用といった会社の仕組みも関係しているだろう。しかしそれだけとは思えない。社員の側にもそうなる原因がありそうだ

この図の中で、「会社人間型(Ⅰ)」にそのまま残っている活力ある社員、および「会社人間型(Ⅰ)」から「社外充実型(Ⅱ)」に移行したうえで、イキイキ働いている社員についても検討を加えなければならない。もっと少数になると思われるが、「会社人間型(Ⅰ)」や「社外充実型(Ⅱ)」から、起業・独立して会社を離れた方々のことも、会社生活のヒントになるという意味では考慮しておくべきだろう。

次回からは、この30年の変化も勘案しながら、会社員人生を検討していきたい。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT