何割の人が「働かないオジサン」になるのか?

これが、オジサン社員の4類型だ!

50代社員になると、どうなるか?

この若手社員の群団が、30年経って、50代社員になったときにはどうなるだろうか?

ここでも割り切った想定を加えてみると、各エリアに入る社員の割合は、下の図のようになる。イキイキと働いている社員の割合は、「会社人間型(Ⅰ)」と「社外充実型(Ⅱ)」を合わせて20%である。「組織埋め込み型(Ⅲ)」と「無気力型(Ⅳ)」は、働かないオジサンの対象になる層で、幅広くとらえると全体の80%になる。各エリアごとに簡単に整理してみよう。

カッコ内は、20代の社員の分布。
■会社人間型(Ⅰ):10%

将来への明るい見通しをもって、会社の仕事に懸命に取り組むタイプ。ここのエリアには、以下の2つのパターンが存在する。

ひとつは、会社の出世街道を走っている社員。50代半ばという年齢を勘案すれば、役員クラスが中心と考えてもいいだろう。

そのほかに、このエリアに残るのは、仕事自体が自分の性に合っており、役職や年齢にかかわらず意欲を失わない社員である。技術系の職人肌の社員や、人と会うことが三度の飯よりも好きな営業系の社員、または、社員の成長を見るのがたまらない研修役などである。

このタイプは、定年後も得意分野を活かして働くことが可能なので、生涯現役のイメージを描ける人が少なくない。

社内で出世街道を走り続けている社員と、組織の中の仕事に生きがいを見いだしている社員がそれぞれ5%で、合わせて10%と想定した。

■社外充実型(Ⅱ):10%

普段から、イキイキと「いい顔」で過ごしているが、会社の仕事には強くコミットしていないタイプである。こちらにも、2つのパターンが存在する。

ひとつは、若いときから自分のやりたいことがあって、そこで高い満足を得ているタイプ。たとえば、音楽や文学などの文化的なもの、各種スポーツ、ボランティア、NPO活動などである。その活動で満ち足りているので、会社の仕事には強くコミットはしない。しかしこのタイプの社員は、会社の仕事もおろそかにはしない。個人生活と会社生活を明確に区分することはできないからである。彼らは、決して働かないオジサンにはならない

次ページ多くの人が「働かないオジサン」ゾーンへ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT