旧共産圏の撮影に圧倒的な情熱注ぐ彼女の稼業

会社で働きながら自腹で海外に通い詰める

旧共産圏は旧ソビエト連邦に対し、強い負の感情を持っている人が多かった。

星野さんが「ソビエトが好きだ」と言っていると、強くバッシングをされたことがあった。あくまで「ソビエト時代のデザインが好きだ」と言わないと、誤解を生む可能性があるのだと学んだ。

「私はそれくらいの被害にしかあっていませんけど、人によってはひったくりにあった、暴行された、というのは聞く話です。“おそロシア”という言葉もあるくらいですから、自己責任で気をつけなければいけません」

現在星野さんは、某企業のデザイナーとして働いている。会社では、それほど休みを取って、とがめられたりしないのだろうか?

「働いている会社はわりと自由は利く会社ですね。海外に行ってきました、と言っても周りの反応は『ふーんそうなんだ』くらいの感じです。

知り合いの中にはたまに『そんなに休んで!!』と驚いたり、とがめたりする人もいます。でも、みんなもっと休んだらいいと思いますよ。もちろん仕事はちゃんとしなければいけないですけど、でもそのうえで休んで好きなことをするのは自由ですよね。日本人はちょっとまじめに働きすぎだと思います。

うちの会社にも『愛社精神がとても強い人』がいます。『仕事が人生のすべてだ』っていう人もいます。でも、そういう感覚、私にはよくわからないんですよね。『ああ、違う宗教の人だな』と思うようにしています。

あと無計画で放蕩生活をしているようですが、何かあったときに大丈夫なように、ちゃっかり貯金はしていますね」

“アマチュアだからこそ”達成できた功績

彼女は今までに4冊の写真集を出版した。そして、ウェブや雑誌に写真を掲載して原稿料をもらうことも多い。

ただし、それらで稼いだお金で、撮影旅行でかかったお金以上に稼げているかというとそんなことはない。だから、彼女は厳密にはプロフェッショナルとは呼べないかもしれない。

ただ、彼女の作品に意味がないか?というと、もちろんそんなことはない。芸術性はもちろん、これまでなかなか見ることができなかった旧共産圏の様子を紹介したという功績はとても大きいと思う。

むしろそれは“アマチュアだからこそ”達成できた功績だと思う。いわば、星野さんはスーパーアマチュアというべき存在だ。

最後に星野さんにこれからも、旧共産圏への取材をするのかをうかがった。

「もちろん、まだまだ行きたい場所はたくさんあります!! 今は年に45~50日は海外に行ってるんですけど、これからもガンガン行きたいと思っていますよ」

星野さんは屈託なく笑いながら答えた。

このブレのなさが彼女の強みなのだな、と実感した。

【2019年9月19日9時40分追記】初出時、使用写真のクレジットが誤っていたので修正しました。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT