まるで動物園「中高生への過保護」が生む悪循環

手を離せず再び「枠」にはめようとする親たち

この3つのどのルートを選択するのかは、親の判断になります。

しかし、親としてはコース1の広い牧場拡大型を選択したいと思いながらも、目の前の子どもの状態を見ると、いつの間にかコース2の動物園型に戻ることがあります。まさに、内田さんはこの状態にあります。

では、どうすればいいでしょうか。ここからが重要です。

これまでずっと子どものことを心配し続け、八方手を尽くしてきた人にとって、いきなり方向転換をすることは難しいですが、変わるための“きっかけ”をつくることはできます。それが次のことです。

親は“牧場経営”をすると決めること

「今、私がやっているのは動物園経営だった」と自覚し、それをやめて、牧場型にすると「決める」ことです。多くの場合、「決める」ことをしないため、いつまでもズルズルになっていくのです。

牧場のイメージを作ってみてください。そして、その中で自由に活動している動物たちを思い浮かべてください。もし自分もそうされたら自由に行動しつつも、大きい枠の中で安心、安全がある状態で楽しめるはずです。

きっかけとは、「決める」ことです。ここからすべてが始まります。ぜひ決めてみてください。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT