出口治明「死ぬときは自分の家で思い通りに」

人生「悔いなし、貯金なし」で終われば最高

出口治明氏の考える理想的な死のかたちとは(撮影:梅谷秀司)
今、医療の発達とともに100歳を超えて生きる人は珍しくなくなり、「人生100年時代」が言われています。
自分はどのような死を迎えるのだろうか、どのような死を望んでいるのか――。「大往生」を広辞苑で引くと、「安らかに死ぬこと、少しの苦しみもない往生」とあります。そんな理想的な死のかたちとは、どういうものか。
週刊文春編集部が人生を達観した先達たちに「理想の死に方」を尋ねる連続インタビューをまとめた『私の大往生』から出口治明氏の章を抜粋してお届けします。

東京駅に隣接するビル内の立命館アジア太平洋大学(APU)東京キャンパスに、出口治明氏はきびきびした足取りで現れた。1948年生まれ、現在71歳。還暦にしてライフネット生命保険を開業するとともに、読書家として知られ、歴史に関する著書も多く、昨年からはAPUの学長を務めている。

人間はいつかは死ぬのだから、考えても仕方がない

「実は、死に方というようなことはあまり考えたことがありません。人間はいつかは死ぬのだから、考えても仕方がない。仕方がないことは考えないというのが、僕の基本的なスタンスなんです。

例えばクロード・レヴィ=ストロースは、『悲しき熱帯』の終章で、『世界は人間なしに始まったし、人間なしに終わるだろう』と書いていたと思いますけれども、まったくそのとおりだと考えています。

地球の生命の歴史は40億年前に始まり、あと10億年で終わることがもう確定しています。それは太陽が大きくなって地球の水分がなくなるからですね。地球の生命の歴史が終わる以前に人間の歴史は終わり、たぶん最後は細菌が生き残るのだと思います。

人間の未来の終焉が確定しているように、僕という1人の人間の死も生まれてからおよそ100年以内と決まっていることです。

かつては『人間はどこから来てどこへ行くのか』という謎に思いを巡らすこともありえましたが、今ではサイエンス、自然科学によって、明確にその答えがわかっているわけです。人間はいわば星のかけらであって、死んだら星のかけらに戻るだけです。

こんなことを話すと、『えらく悟っていますね』などと言われるのですが、悟りではありません。単にファクトを認識しただけだと僕は思っています」

次ページ55歳のとき…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。