「何者でもなかった大学生」が夢をつかめた理由

「可能性を信じることで可能性は広がった」

人生の「第3の扉」を開けられるかどうかは自分次第だ(写真:kohei_hara/iStock)

若い人から将来への不安を打ち明けられ、「19、20歳で人生の方向を決められるわけがないんだから、その時点でピンときたことをやればいい。やってだめだったら、やり直せばいいんだから」と答えた経験が何度かある。

人生の方向に迷ったまま大学を卒業する人も多いが…

若いうちにしかできないことでもあるからであり、それは私の持論だ。だから、先が見えにくかったとしても、自信が持てなかったとしても、そういうことはどんどんやってみたらいいと思う。

僕はベッドに寝転がって天井を見つめている。答えを探しに大学に来たっていうのに、湧いてくるのは疑問ばかりだ。
“本当のところ、僕は何に興味があるんだ? 何を専攻したいんだ? どう生きたいんだ?”
僕はまた寝返りを打った。(5ページより)

だから『サードドア: 精神的資産のふやし方』(大田黒奉之訳、東洋経済新報社)の著者、アレックス・バナヤンが、このように苦悩していた気持ちもわかる。

全米話題のベストセラー『サードドア:精神的資産のふやし方』の特設サイトはこちら(画像をクリックするとジャンプします)

ペルシャ系ユダヤ人の移民の息子として生まれた自分が勉強に専念できるように、両親はすべてを犠牲にしてくれたこと。それはわかっていたが、答えを見つけ出せない状態が続いていた。

同じような思いを抱えたまま、大学を卒業する人も少なくないだろう。ある意味では、“そんなもの”なのかもしれない。しかしバナヤンは、ちょっと違った。

「サードドア」に注目したのである。

次ページ「サードドア」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。