「何者でもなかった大学生」が夢をつかめた理由

「可能性を信じることで可能性は広がった」

バナヤンが重視している「サードドア」とは何なのだろう? 人生もビジネスも成功もナイトクラブのようなものであり、つねに3つの入り口が用意されていると彼は言うのだ、

まずファーストドアは、長い行列ができる正面入り口。入れるかどうかと気をもみながら、99%の人がそこに並ぶわけである。セカンドドアは、億万長者やセレブ、名家に生まれた人たちだけが利用できるVIP専用入り口。

それから、いつだってそこにあるのに、
誰も教えてくれないドアがある。
サードドアだ。
行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、
何百回もノックして窓を乗り越え、
キッチンをこっそり通り抜けたその先に―――必ずある。

ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで史上最年少の監督になれたのも、彼らがサードドアをこじ開けられたからだということ。

目的は「自分らしい人生のはじめ方」を学ぶこと

だとすれば、そうした疑問に答えてくれるような、人生の始まりに的を絞った本が必要になるかもしれない。しかしバナヤンには、それが見つけられなかった。では、どうしたか? “誰も書いていないなら、いっそ自分で書くのはどうだ?”と思いついたのである。

あまり現実的ではない話である。しかも、それを実現するためには莫大な取材費が必要になるだろう。

そこで思いついたのが、アメリカの著名テレビ番組『プライス・イズ・ライト』に出場し、賞金を獲得しようというアイデアだった。どう考えても無謀なチャレンジだが、驚くべきことに優勝して商品の豪華ヨットを獲得。それを売って得た1万6000ドルを元手に、世界の成功者たちにインタビューするための旅を始める。

目的はもちろん、「自分らしい人生のはじめ方」を学ぶことだ。

しかし当然のことながら、その壮大なミッションを実現することは容易ではなかった。

さまざまなコネクションやチャンスを活用しながらスティーヴン・スピルバーグ、起業家兼作家のティム・フェリス、スターシェフのウルフギャング・パックなどにアプローチするが、なかなかうまくいかなかったのである。

次ページシュガー・レイの励まし
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。