「何者でもなかった大学生」が夢をつかめた理由

「可能性を信じることで可能性は広がった」

死といえば、マヤ・アンジェロウと話してから数カ月後に、バナヤンは大きな悲しみと直面する。まだ59歳だった父親が、膵臓がんと診断されたのだ。

そしてその悲しみを、女優、実業家のジェシカ・アルバと共有する。26歳で最初の子どもを妊娠したことがきっかけで、彼女は自分の死について意識するようになっていたのだ。がん家系に生まれたからこそ死ぬのが怖く、それが子どもに害のない製品にこだわった会社「オネスト・カンパニー」の設立につながったのだという。

だが、アルバががんと死について語り続けることは、父親の身を案ずるバナヤンにとってつらいことでもあった。

僕は本当に吐きそうになって、ポツリと漏らした。
「父が膵臓ガンって診断されたんです」(中略)
このことを打ち明けた人からは、決まって同じような反応しか返ってこなかった。
みんな僕に腕を回してきて、「きっと何もかも大丈夫だから」と言ってくれたり、静かな口調で「お気の毒に」と言ってくれたり。
だからアルバも同じだろうと思っていた。ところが彼女はカウチをパシンと叩いてこう言ったのだ。
「ガンなんて、最っ低ね」
(381〜382ページより)

アルバの言葉を聞いたバナヤンは、自分でも気づかなかった肩の荷が下りたような気持ちになったと記している。ここから先は、もうインタビューではなくなったとも。

個人的に、この部分は、世間知らずであるがゆえの失敗を繰り返してきたバナヤンが大きく成長した瞬間だと感じた。そしてそれは、次の出会いにいい影響を及ぼすことになる。

失敗は最高の贈り物なんだ

バナヤンが次に会ったのは、マイケル・ジャクソンのアルバム『スリラー』を大成功させたことで知られるプロデューサー、クインシー・ジョーンズだ。

ただバナヤンは、その時点で1つの怒りをため込んだままだった。少し前、インタビュー依頼に際して権力を持つ人間にコケにされたことを根に持ち、その記憶を頭の中から払拭できない状態にいたのだ。

だからクインシーが、若い頃、当時の音楽業界を牛耳っていたマフィアに根こそぎ持っていかれたという話を聞いたとき、「最悪ですね」と怒りを爆発させた。言うまでもなく、クインシーの過去が自分の体験と重なり合ったからだ。

次ページ「失敗から学ぶしかない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の新教養<br>今こそ最強の武器を手に入れよ!

ピンチをチャンスに切り替えるためには、脳内メモリーのリフレッシュが必要です。知の巨人による9の講義と、在宅で自己研鑽するための独習術、そして今読むべき厳選書籍を紹介し、新常態にふさわしい知力を鍛え上げる62ページ大特集です。