第2回 こんな課長は外される

私の友人にイギリス人の元ジャーナリストのコンサルタントP氏がいる。ある日、彼からこんな質問をされたことがある。

P「日本人はマネジメントの意味を誤解している。君はマネジメントを日本語にどう訳しているのか?」
 私「えっ、“管理”じゃないの?」
 P「それはコントロールだ!」
 私「・・・」
 P「マネジメントとは、なんとかすることだよ。組織のミッションを果たすために与えられた経営資源を駆使して、 “なんとかする”のがマネジャーの役割だ」

なるほど、若干危うい日本語の発音ながら納得した。
 組織の責任者である課長は、人、モノ、金、情報を与えられ、経営者から「組織の業績なんとかしろ!」と常に発破を掛けられている。
 管理職受難の時代では、“なんともできない”課長が責任者ポストを外されることになるのだが、本稿では、無自覚のうちに立場が厳しくなっていく課長のパターンをいくつかご紹介しよう。

次ページ部下から倍返しされる「丸投げ」課長
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT