第2回 こんな課長は外される

私の友人にイギリス人の元ジャーナリストのコンサルタントP氏がいる。ある日、彼からこんな質問をされたことがある。

P「日本人はマネジメントの意味を誤解している。君はマネジメントを日本語にどう訳しているのか?」
 私「えっ、“管理”じゃないの?」
 P「それはコントロールだ!」
 私「・・・」
 P「マネジメントとは、なんとかすることだよ。組織のミッションを果たすために与えられた経営資源を駆使して、 “なんとかする”のがマネジャーの役割だ」

なるほど、若干危うい日本語の発音ながら納得した。
 組織の責任者である課長は、人、モノ、金、情報を与えられ、経営者から「組織の業績なんとかしろ!」と常に発破を掛けられている。
 管理職受難の時代では、“なんともできない”課長が責任者ポストを外されることになるのだが、本稿では、無自覚のうちに立場が厳しくなっていく課長のパターンをいくつかご紹介しよう。

次ページ部下から倍返しされる「丸投げ」課長
関連記事
トピックボードAD
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • スナックが呼んでいる
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。