第1回 担当課長って何だ?

「担当課長」とは?

担当課長、専門課長、専任課長、副課長、課長待遇、マネージャー、スーパーバイザー・・・呼び方、肩書は企業によって様々であるが、「担当課長」とは、部下無し、権限なし、組織の業績責任なしで、課長相当の処遇をされている「課長級」「課長クラス」と言われる人のことである。
 本連載ではこのような方々を総称して比較的肩書名として使われることが多い「担当課長」と呼ぶことにする。
 ただ、同じ課長という名称はついても「課長代理」「課長補佐」「課長心得」(課長という名称はつかないが係長のイメージ)とはややニュアンスが異なる。
一般的に彼らは、これから課長になる可能性が高い「候補者」であり、「担当課長」とはちょっと違う位置づけである。
 テレビドラマ「半沢直樹」の須田邦裕が扮する大阪西支店の垣内が課長代理、モロ師岡が扮する白髪交じりの味のあるオジサン角田が担当課長のイメージだ。

次ページ管理職がいつか到達するポジション
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 親という「業」
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT