第1回 担当課長って何だ?

「担当課長」とは?

担当課長、専門課長、専任課長、副課長、課長待遇、マネージャー、スーパーバイザー・・・呼び方、肩書は企業によって様々であるが、「担当課長」とは、部下無し、権限なし、組織の業績責任なしで、課長相当の処遇をされている「課長級」「課長クラス」と言われる人のことである。
 本連載ではこのような方々を総称して比較的肩書名として使われることが多い「担当課長」と呼ぶことにする。
 ただ、同じ課長という名称はついても「課長代理」「課長補佐」「課長心得」(課長という名称はつかないが係長のイメージ)とはややニュアンスが異なる。
一般的に彼らは、これから課長になる可能性が高い「候補者」であり、「担当課長」とはちょっと違う位置づけである。
 テレビドラマ「半沢直樹」の須田邦裕が扮する大阪西支店の垣内が課長代理、モロ師岡が扮する白髪交じりの味のあるオジサン角田が担当課長のイメージだ。

次ページ管理職がいつか到達するポジション
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT