第3回 今のままでは明日はない

友人のイギリス人コンサルタントP氏との会話は続く。
 私「日本の課長のほとんどはプレイングマネージャーなんだよね」
 P「今度は、意味の分からない和製イングリッシュだな。プレイングマネージャーっていったいどんな人なの?」
 私「いち担当者(プレイヤー)としての業務をこなしながら、組織マネジメントをこなす課長のことを言うんだ」
 P「それをいうなら、プレイヤー・マネージャーが正しい」
 私「そうなんだ。じゃあプレイングマネージャーと言う英語を敢えて日本語に訳すとどうなるの?」
 P「遊んでいるマネージャーだな。日本企業では遊んでいても管理職が務まるのかと思ったよ」

なるほど、本人はともかく、周りからすると“遊んでいる”と思われても仕方がない管理職は確かにいる。

次ページ最低限、課長を上回る成績が必要
関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。