第3回 今のままでは明日はない

友人のイギリス人コンサルタントP氏との会話は続く。
 私「日本の課長のほとんどはプレイングマネージャーなんだよね」
 P「今度は、意味の分からない和製イングリッシュだな。プレイングマネージャーっていったいどんな人なの?」
 私「いち担当者(プレイヤー)としての業務をこなしながら、組織マネジメントをこなす課長のことを言うんだ」
 P「それをいうなら、プレイヤー・マネージャーが正しい」
 私「そうなんだ。じゃあプレイングマネージャーと言う英語を敢えて日本語に訳すとどうなるの?」
 P「遊んでいるマネージャーだな。日本企業では遊んでいても管理職が務まるのかと思ったよ」

なるほど、本人はともかく、周りからすると“遊んでいる”と思われても仕方がない管理職は確かにいる。

次ページ最低限、課長を上回る成績が必要
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。