第3回 今のままでは明日はない

友人のイギリス人コンサルタントP氏との会話は続く。
 私「日本の課長のほとんどはプレイングマネージャーなんだよね」
 P「今度は、意味の分からない和製イングリッシュだな。プレイングマネージャーっていったいどんな人なの?」
 私「いち担当者(プレイヤー)としての業務をこなしながら、組織マネジメントをこなす課長のことを言うんだ」
 P「それをいうなら、プレイヤー・マネージャーが正しい」
 私「そうなんだ。じゃあプレイングマネージャーと言う英語を敢えて日本語に訳すとどうなるの?」
 P「遊んでいるマネージャーだな。日本企業では遊んでいても管理職が務まるのかと思ったよ」

なるほど、本人はともかく、周りからすると“遊んでいる”と思われても仕方がない管理職は確かにいる。

次ページ最低限、課長を上回る成績が必要
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悩める小売り2大巨頭<br>セブン、イオンの盲点

失態続きのセブン&アイ・HD。鈴木敏文元会長が推進したオムニチャネル事業関連など、「負の遺産」とも言うべき子会社の業績不振も深刻だ。イオンも赤字を垂れ流す問題児に頭を抱える。岐路に立つ両社のグループ経営の問題点にメスを入れる。