第4回 生き残るためにすべきこと

先日の新聞で大手製薬会社が300人の人員削減を発表した。
 主力商品の開発に膨大なコストがかかるため、経営のスリム化を徹底し競争力を高めるためのようだ。これを市場は好感し、株価も上昇した。
 いまや“人員削減”という言葉は新聞紙上では、日常的に使われている。
 2000年前後のリストラクチャリング最盛期は会社の存続を賭けた最終手段だった。
 ところが、現在の“人員削減”はコスト戦略、人事施策のオプションの一つという位置づけになりつつある。
 サラリーパーソンにとって景気が回復しても安心・安定的な会社生活は「今は昔」となった。

次ページ担当課長の生きる道は3つ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 就職四季報プラスワン
  • 御社のオタクを紹介してください
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。