第4回 生き残るためにすべきこと

先日の新聞で大手製薬会社が300人の人員削減を発表した。
 主力商品の開発に膨大なコストがかかるため、経営のスリム化を徹底し競争力を高めるためのようだ。これを市場は好感し、株価も上昇した。
 いまや“人員削減”という言葉は新聞紙上では、日常的に使われている。
 2000年前後のリストラクチャリング最盛期は会社の存続を賭けた最終手段だった。
 ところが、現在の“人員削減”はコスト戦略、人事施策のオプションの一つという位置づけになりつつある。
 サラリーパーソンにとって景気が回復しても安心・安定的な会社生活は「今は昔」となった。

次ページ担当課長の生きる道は3つ?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT