ハーバードエリート集団が見た、新しい中国

よく語られる「中国像」を鵜呑みにしていいか?

大気汚染で煙る香港の上空。いったいハーバードビジネススクールのエリートたちが見た中国の今とは?

前回の記事で、ハーバードビジネススクール(HBS)の生徒の間では、日本人気が高いと書いた。一方、学校側としてアジアの中で注目しているのは、やはり中国である。

HBSでは毎年、中国研修プログラムが企画されている。これは約10日間かけて中国企業を回り、最前線にいる方々から現場の話を直接聞き、中国という大国について学びを深めることが目的なのだが、現役のハーバード生はいったい、中国の現地で何を感じるのか? 今回はそれについてレポートしたい。

財界大物に容赦ない質問

中国研修プログラム(China IXP)は学校公式の授業である。中国研究をしている教授、プログラムマネジャー、イベント企画会社や現地ガイドなど、手厚い引率部隊と共に1月中旬に60人の学生が現地に飛び込んだ。

約10日間をかけて回るのは、香港、広州、上海の3都市。訪問する企業は、不動産デベロッパー、商社、投資ファンド、プロバスケチーム、おもちゃ工場、教育機関、証券取引所、ワイン輸入会社、衣服工場など幅広い。各業界の方々から「今後の中国の課題とチャンス」を生の声で聞いた。

中国人経営者に、容赦ない質問を浴びせるHBS生たち

HBSらしいのは、各企業の社長のレクチャーをただおとなしく聞くだけでなく、学生側からがんがん積極的に質問して、掘り下げていくところだ。

前年に汚職事件で騒ぎを起こした会社を訪問した際、「中国での汚職の実態はどうですか?」とキワどすぎる質問が出たかと思えば、ライバル会社と政府高官にハメられて、脱税の容疑で刑務所行きとなった社長と会ったときには「そのことから学んだ教訓は何ですか?」と“ド直球”の質問をする。遠慮のかけらもない質問攻撃は、日本人としてはハラハラするが、そうやって深堀りすることで、ホンネを聞くことができる。

残念ながら個別の話は守秘義務の関係で書けないのだが、さまざまな方々から聞いた共通のテーマとしては、①成熟し始めた中国企業、②想像以上に深刻な公害、③矛盾と格闘する習近平政権――この3つが頻繁に挙げられていた。

最高級ブランドは中国産?

いまだにメイド・イン・チャイナというと、「安かろう悪かろう」というイメージがつきまとう。低価格帯の商品に関しては、確かにそうだろうし、今後もしばらくはそういう状況が続くだろう。しかし、今回、われわれが見てきたのは、その正反対にある高品質の商品を生産する企業群だった。

次ページ中国製シャツ1枚が数万円
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。