ELTいっくんが23年間も芸能界で生き残るワケ

バラエティで「笑われる人」でいい

今やバラエティ番組でもおなじみの人となったELT(Every Little Thing)のギタリスト、伊藤一朗氏。その肩の力の抜けたマイペースさはどのように醸成されたのでしょうか?
2019年8月にデビュー23周年を迎えたELT(Every Little Thing)。そのギタリストとして活躍する伊藤一朗氏は、プロデビューが決まった際、「2年で終わる」と冷静に思っていたという。
デビューと同時に思いがけずブレイクするものの、間もなくメンバーの脱退で解散の危機に。それを乗り越え、今やバラエティ番組でもおなじみの人となった伊藤氏。50代になった今、二周りも年下の若者に「伊藤さん、ギター弾けるんですね!」と言われることもあるという。
その肩の力の抜けたマイペースさはどのように醸成されたのか? 格好つけない、気合も入れない、それでも幸せな人生を送れる、ユルくて強い大人のメンタルを初公開。
※本稿は、伊藤一朗『ちょっとずつ、マイペース。』(KADOKAWA)を再編集したものです。

「たまたまそこにいた」から得られる好機もある

20代後半、スタジオ店員をやりながら、単発仕事でギターの助っ人をする中で知り合ったミュージシャンの1人が、ともにELTをやることになる五十嵐充くんだった。彼はエイベックスが所有する音楽スタジオで働いていて、そこでさかんにデモテープを作っていた。

その演奏にギターが必要だというので、一本5000円で手伝うようになった。その中に、エイベックスに移籍してきたばかりの、高校3年生の女の子をボーカルに迎えたテープがあった。その女の子が、持田香織だった。

そんなある日、突然、エイベックスのディレクターに呼び出された。そのディレクターは当時TRFの担当だったので、僕はてっきり「TRFのツアーメンバーのオーディションだ!」と思い込み、ギターを持ってはせ参じた。そうしたら、

「ん? なんで楽器持って来てんの?(笑)」

TRFさんはまったく関係なくて、持田香織のグループをつくるという話だった。最初は彼女をソロデビューさせる予定だったが、せっかくだから「その他」がいたほうがいいよね、ということになったようだ。それで、たまたまデモテープに参加していた僕に声がかかったというわけだった。

次ページプロデビューが決まって思ったこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。