日本人は医療費増大の本質をわかっていない

抑制狙うなら効果的な予防を推進すべきだ

人生100年時代の到来によって、医療費は増加している。医療費の増加によって、日本の財政は破綻しないのでしょうか(写真:erdikocak/iStock)
2017年度に医療機関に支払われた医療費の総額は、前年度よりも約1兆円増加して、42兆円となった。国民1人あたり33万円で、過去最高を更新。年々、医療費が増加する主な原因は75歳以上の後期高齢者の医療費の増加だ。75歳以上の後期高齢者の1人当たり医療費は94万円にも上る。当然、高齢化の進む日本では、今後も医療費の増加が予測される。2040年には67兆円になるとの予測もある。
人生100年時代の到来によって、医療費は増加している。医療費の増加によって、日本の財政は破綻しないのか。慶應義塾大学総合政策学部学生の菅原一輝さんをインタビュアーとして有識者に尋ねた。

日本の医療・社会保障制度はこのままで大丈夫なのか?

菅原 一輝(以下、菅原):日本の医療費の増大が指摘されています。このままで、日本の医療・社会保障制度は大丈夫なのでしょうか。

佐藤啓(さとう けい)/参議院議員(自由民主党)。東京大学経済学部卒業後、カーネギーメロン大学大学院(MPM)、南カリフォルニア大学大学院(LL.M.)を修了。社会全体で予防・健康づくりを強化することで、①個人の健康増進、 ②社会保障の担い手の増加、③ヘルスケア産業の育成を同時に実現する、3方良しの「明るい社会保障改革」を推進している(撮影:今井康一)

佐藤 啓(以下、佐藤):日本の社会保障は、「中福祉・低負担」だといわれています。つまり、国際的にみて中程度の福祉を、低い国民負担で実施しています。不足する財源を赤字国債で補いながら社会保障制度を維持しているのが現状です。今後も社会保障制度を維持していくためには、この「中福祉低負担」をどうやって解消していくかが課題になります。

津川 友介(以下、津川):国際的にみてみると、医療費の抑制に成功している先進国はほとんどありません。なぜなら、医療費というのは、事前にどれくらい支出するかを決められるものではなく、人々が病気になった結果としてかかる費用だからです。

1990年代初めのイギリスのように、医療費を無理やり低すぎる水準に設定すると、がんの手術の待ち時間が極端に長くなるなど、国民の健康に悪影響を及ぼすようになり、いずれ政治的に対応せざるをえなくなります。私は医療費の抑制は、最も難解な政治課題だと言って過言ではないと思います。

次ページ現状は成功の裏返しでもある
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。