新人研修でラジオDJする福島のガス会社の凄さ

世界最先端の社員教育を自然に実現していた

私の中には「学びがあれば、すべて研修」という考え方があるので、「これは研修になる」と思えば、どんなこともすぐに研修化してしまいます。ただし、「研修を通じて何らかの学びを得られればOK」という緩いスタンスではありません。

『福島の小さなガス会社がやっていた 世界最先端の社員教育』(あさ出版)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

例えば、ラジオDJ研修では「チャレンジ精神」「自分の頭で考え、行動する力」など、研修を実施する側として、明確にそこから「学んでほしいこと」を設定して、研修中に働きかけています。

こうした研修を、スタンフォード大学の最先端のキャリア理論「計画的偶発性理論」(個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される。

その偶発的なことを計画的に導くことでキャリアアップをしていくべきというもの)を自然に実践していると評価していただき、福島大学の先生が「計画的無意識性人財育成戦略」と命名してくださいました。

研修の成果は?

では、研修が実際にどのような成果を生み出しているかと問われると、正直それが見えにくいところはあります。会社全体の売り上げは、この10年で見ると、グループ全体で倍増しています。この成長は、研修を実施し始めた時期と重なりますが、この間に、研修によって売り上げに貢献するような革新的な新サービスが生まれたわけではありません。

一方で、社員たちが自分たちの頭で考え、新しい仕事を生み出すということが、ちらほら出始めています。2018年に「20代の若手社員でグループを組み、高齢者の方々のお宅にガスや灯油などの配送をした際に困り事はないかを尋ね、頼まれれば、重い物を動かしたり、高いところから物をとったりといったお手伝いを行いたい」という提案があり、現在もこの活動を続けています。

すでに1年以上経ちますが、少しずつ地域でも認知されるようになり、活動の頻度も幅も広がってきています。

こうした活動が、今後も社員たちからさまざまな形で起こってくるのが、私が目指す会社の姿です。社長などからのトップダウンではなく、社員の側から新しい事業を提案し、それを実現させ、会社そして地域全体の利益につなげていく。

教育を通じて、そうした社員を育てていくことが、変化の激しい時代の経営者に求められていることなのだと思います。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT