目から鱗!身近なモノだけで「英語脳」は作れる

まずは付箋を部屋中に貼ってみよう

どうだろう? できただろうか? 以下の3つくらいのカテゴリが成立したんじゃないだろうか?

1. Window や Bed など、すぐ英語がわかるもの。
2. Pillowcase(枕カバー)など、教科書に載ってないためすぐに出てこないけれど、調べたらすぐ答えがわかるもの。
3. ベッド下収納やこたつみかんなど、文化的違いが反映されているもの。

貼ったコトバを使って脳内でぼやく

とくに3については違和感が残るかもしれないが、ここは無視してひたすらサクサクっと、家族が許す限りは、付箋をペタペタ貼っていこう。家具だけではなく、例えば文房具なんかにも。

家族が許さない!とか、恥ずかしい!という人は、自分の私物や部屋の写真をスマホで撮って、その写真を加工するという、チキンだがデジタルな形で、この「私物の総英語化作業」をこなしてもいい。冷蔵庫の野菜室の中身などは貼りにくいので、この方法が21世紀的かもしれない。

さて、下図のように、部屋の中のブツに英語のタグが付いただろうか。

別に、これを丸暗記するのがゴールじゃない。これらのコトバを使って、「脳内ぼやき」をするのが次のステップだ。

例えば、朝起きる。なんかギシギシいうので、「The bed frame が古くなってきたかな」。そして寝ぼけ眼な顔にポトリと感じる水の感触に、「The ceiling が雨漏りしてる!」。しかし窓をあけてみると、「Outside of the window はいい天気だ」――。

完全にルー大柴の調子だ。

ルー大柴、誰それ?という世代のために補足しておく。日本人コメディアンで、彼の芸風は日本語の文章に英単語を混ぜて話すスタイルだ。「人生はマウンテンありバレーあり」「一寸先はダーク」「転ばぬ先のスティック」というノリだ。

次ページ「ルー語」は英語を身につけるのにもってこい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。