目から鱗!身近なモノだけで「英語脳」は作れる

まずは付箋を部屋中に貼ってみよう

「え?」「あれ?」という気づきが大事

そうすると困り始める。この部屋より自分の部屋にはいろいろいっぱいあるんだけど、それを英語でなんていうのかわからない、と。解決策はネットにあり。もちろん無料だ。図つきオンライン辞典を当たればいい。

いちばんの老舗は、ウェブスターの「Visual Dictionary Online」というサイトで、これは本当に細かいものの名前がこれでもか!というくらい載っている。ここの「House → House furniture(家具)」というセクションに行くと、いろいろな家具が出てくる。

あくまでも英語圏の家具の名前なので、Linen Chest(ベッドの足のあたりに置いてシーツを収納するためだけのでかい箱)とか、部屋面積の大きい文化圏用のなじみのない家具もたくさんあるが、日本によくある「ベッド下収納」はというと……。

「あれ、ベッド下収納って、英語でなんて言おう?」実はその、「え?」という瞬間が大事なのだ。日本語で認識してきた世界と、英語でこれから認識する世界のギャップが明確になることが大切なのだ。

次ページわからないときは特性を「ばらしてみる」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。