乳がんを告知された看護師が絵本を作った理由

生きて「付き合っていく病気」との日々は…

約3年前にがんと告知された50歳女性が、今考えることとは…(写真:筆者撮影)
毎年約5.6万人———18歳以下の子どもがいて、がんが見つかった人たちの数だ。東京ドーム球場の収容人数5.5万人を上回る。だが、働き盛りでがんになった人たちの、生の声を聞く機会はまだ少ない。一方で、世の中には「がん=死」という固定観念がまだまだ根強い。
国立がん研究センターの統計(2019年1月21日更新)によると、がんの患者の5年相対生存率は男女計62.1%(男性59.1%、女性66.0%)。今や過半数を占め、実際には「付き合っていく病気」に近づいているのに、だ。
子どもを持つがん患者のコミュニティーサービス「キャンサーペアレンツ」会員の協力の下、各自が病気とどう向き合い、新たな生活を手作りしていったのかを紹介する。何らかの困難に直面しても、成長につなげられるヒントがそこにある。
第1回目は乳がん治療中の看護師、嶋田美佳(仮名・50歳)。多くのがん患者や家族と向き合ってきた彼女自身が、告知を受けてから試行錯誤を経て気づいた家族の絆や、新たに始めたことを紹介する。

有名人の記者会見に共感する夫へのいら立ち

嶋田美佳はいら立っていた。ある有名人が妻の乳がんについて記者会見するのを、会社員の夫(当時48)がテレビで見ている姿に、だ。2016年6月だった。

「同じ年の5月に、私は乳がんと告知されました。翌6月ごろはがんと向き合い、気持ちを必死にコントロールしようと心がけていました。それなのに夫が、同じ病気の妻を持つ有名人に人一倍共感し、自分を重ね見ている姿を目の当たりにして、気持ちを強くかき乱されてしまったんです」

嶋田は当時の心境をそう振り返る。

荒川龍さんによる連載、1回目です

私立の中高一貫校に通う一人娘(当時14)のお弁当作りも含め、家事の一切を夫に委ね、自宅のベッドに1人伏せることになった。

「慣れない家事を夫にすべて委ねるしかない。そんな自分へのいら立ちのほうが、仕事を早く切り上げて帰宅してくれていた夫への感謝よりも、申し訳ないですけど、当時は大きかったですね」(嶋田)

次ページ率直な気持ちを明かす嶋田さん
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング