42歳「ステージ4のがん」の彼が転職できたワケ

キャリア、家族とこうやって向きあった

36歳でステージ4のすい臓がんと診断された関直行さんの家庭、仕事、生活とは…(写真:筆者撮影)
毎年約5.6万人――18歳以下の子どもがいて、がんと診断された人の数だ。東京ドーム球場の収容人数5.5万人を上回る。だが、働き盛りでがんになった人の声を聞く機会は少ない。仕事や生活上で、どんな悩みがあるのか。
子どもがいるがん患者のコミュニティーサイト「キャンサーペアレンツ」の協力を得て取材した。今回登場するのは、ビル管理会社に勤める関直行さん(42歳)。彼は36歳のとき、ステージ4のすい臓がんと診断された(「ステージ4」とは、他の部位への転移がある状態のこと)。
会社とどんな交渉をして、職場に復帰したのか。なぜその後転職を決意し、どうやって実現させたのか。そこには病気に限らず、どんな困難に直面しても行動で打開し、自分の成長につなげるためのヒントがある。

治療と業務内容を両立するための時短勤務案

厚生労働省委託調査(2013年度)によると、がん発覚後に会社と復職交渉もせず、退職を申し出る依願退職者が約3割、というデータがある。「もう人並みに働けない」とか、「会社に迷惑をかける」と、弱気になる人が多いためだろう。

2013年、入院中の関さん(写真:関さん提供)

一方、関さんは2013年11月、ステージ4のすい臓がんと診断された。がんの中でも治療が難しいとされるすい臓がん。しかもステージ4なら誰でも気が動転してしまいそうだが、関さんは違った。

検査・手術と続く約2カ月間の入院中に、現実を受け止めて頭を切り替え、会社との復職交渉を考えていた。

ビル管理会社に中途入社した関さんは順調に昇進。当時はパート社員約600人を統括する、管理職としての権限と責任を与えられていた。1日の平均睡眠は4時間で、土日出勤もいとわず、深夜の緊急連絡にも対応してきた。

「集中治療室から一般病棟に移ると、仕事を少しずつ再開しました。まずは部下への電話連絡で近況の確認。その後はメールで見積書や報告書などを送ってもらい、細かな数字の修正などを指示していましたね」

色白の関さんは当時を淡々と振り返る。

次ページ職場復帰のために会社へ提案
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。