42歳「ステージ4のがん」の彼が転職できたワケ

キャリア、家族とこうやって向きあった

国立がん研究センターの最新統計(2019年8月8日更新)によると、2009年から10年にがんと診断された、患者の5年相対生存率は男女計66.1%。過半数をゆうに超えている。

一方で、「がん=死」の先入観は相変わらず根強い。確かに、部位などによっては5年生存率が低いがんもある。関さんが罹患したすい臓がんの5年生存率は9.6%である。しかし、がんの部位や種類、ステージによっては、生活の一部として「付き合っていく病気」に近づいているのも事実だ。

それは治療の長期化を意味するため、治療費がかさむ可能性がある。だから会社を簡単に辞めてはいけない。関さんのように治療と業務内容のバランスをとりながら、働き続けられる方法を会社と交渉したほうがいい。

直属の部下3人の退職、さらに降格辞令が下りた

ただし、会社との交渉がうまくいっても、その状況が長く続くとは限らない。関さんが復職してからの半年間で、直属の部下5人中3人が退職。その穴埋め業務が、治療中の関さんの両肩にのしかかった。入院治療で彼が不在だった約2カ月間で、部下たちはかなり疲弊していたからだ。

障害や疾患が外見ではわからないことを示す、ヘルプマークを通勤カバンに携帯する(著者撮影)

(写真:筆者撮影)

関さんは復職3カ月後には時差通勤も時短勤務もなくなり、抗がん剤治療中なのに、勤務実態は入院前に逆戻り。以前の体力とは程遠いのに、だ。さらに1年後には、売り上げ規模が小さい支店への異動と降格を命じられた。

「病気をしたことで、その後の出世の道が閉ざされることは、一般的にも多いと思います。私も面接や人事に携わっていたので、会社側から見れば、ある意味、妥当な判断だとも思いますし……」

会社側と一社員の立場、関さんはつねにその両方の視点で冷静に話す。だが同時に、今の会社で働き続ける限界も知った。そもそも治療しながら働く制度もない会社で、自分は20年後も今の働き方を続けられるのだろうか、と。

その頃、新しい家族を授かることがわかった。2人目の子どもが生まれる以上、会社中心の働き方を見直してほしい、と妻は迫った。長女は当時まだ7歳で、関さんの体調への心配も言いふくんでいる。

妻の要望と気遣い、職場での降格と異動。その現状を打開する方法が、関さんにとっては転職であり、家庭中心の働き方に変える決断だった。

「病気を経験して、リアルな死を身近に感じた分、3年経っても元気なことで、どこか怖いもの知らずになっていましたね。退職しても、なんとかやっていけるだろうっていう、変な自信があったというか……」(関さん)

死を身近に感じることは、関さんのように楽観的になる以外のプラス面もある。健康な人と比べると、自分にとって何が本当に大切なのかという見極めも、今日1日のかけがえのなさも、切迫感がまるで違ってくる。

次ページ家庭中心の働き方をすると決意
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。