がんになった37歳が営業で"MVP"を獲れた理由

「がんは天罰」とまで思った日からの"再起"

がんになった金澤さんが、会社内で部門MVPを獲るまでの軌跡とは(写真:筆者撮影)
国立がん研究センターのがん対策情報センターの統計によると、2016年に診断された全罹患者は約100万人だ。15歳から64歳の就労世代は約26万人で、全体の3割弱。
だが、治療しながら働く人の声を聞く機会は少ない。仕事や生活上でどんな悩みがあるのか。子どもがいるがん経験者のコミュニティーサイト「キャンサーペアレンツ」の協力を得て取材した。
人材紹介会社に勤める金澤雄太さん(37歳)は5年前、盲腸の手術でがんが見つかった。その後、2度のがん転移を経験したが仕事を続け、2018年11月に職場で月間MVPを受賞。彼の軌跡には病気の有無にかかわらず、困難に直面しても、自身の行動で打開して成長につなげるヒントがある。

彼が「がんは天罰」と受け止めた理由

2014年11月、金澤雄太さん(当時32歳)は、盲腸の手術で切除した部分にがんが見つかった。なぜ、自分はがんになったのか。約3カ月間の入院中に自問自答するなか、金澤さんに思い浮かんだのは「天罰」の2文字だった。「天罰」とがんにどんな関係があるのか。彼の説明はこうだ。

当時の金澤さんは管理職2年目。個人の業績を上げつつ、チーム全体の業績向上にも責任を持つ、プレーイング・マネジャーだったという。

「しかし、当時の私は個人業務よりも、部下への助言や指導を優先し、チームの業績向上に集中することが、管理職である自分の仕事だと考え違いをしていました。お恥ずかしい話ですが、楽をしてしまったんです」

今はプレーイング・マネージャーを置かず、管理職は管理職業務に専念すべきという会社が多い。だが、金澤さんの会社は、専門職や管理職の人材を対象とする企業の採用支援が主要業務。そのために課長職クラスは管理業務に加えて、個人の数値目標を持つ。人材紹介業界の特徴だという。

また、盲腸の手術での入院前、彼は別チームの管理職からこう耳打ちされた。

「『金澤さんの部下数人が、あなた抜きでミーティングの予定を立てているようだよ』と言われました。聞いたときは恥ずかしかったし、悲しかったです。それをほかの管理職から聞かされたのもショックでしたね」(金澤さん)

個人の業務をおざなりにして、上から目線の管理職然として振る舞っていたことが、一部の部下たちの離反を招いたと彼は直感した。

もちろん、彼の管理職としての行動と、がんに直接の因果関係はない。だが入院後、がんになった理由を考えあぐねた金澤さんが思い至った、「天罰」の理由がそれだった。彼の人となりがうかがえるエピソードだ。

次ページ管理職は自発的に断念
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。