「親が先生役」をすると子どもは自立できない

自発的に勉強しない中学3年生の何が問題か

では親の役割は何かということです。親の役割は人によってさまざまな考え方があり、一言で語ることは難しいですが、筆者は次のように考えています。

「子どもの自己肯定感を上げて、自立を促すこと」

そのためには次の2つのステップを行います。

初めのステップは、「親は先生をやるのではなく、子どものよさを見つけ、それを認め、言語化する」ということです。これによって、子どもは自分を肯定され、自信を持つようになります。

次に、子どもの自立を促します。そのためには、いきなり、自立させるのではなく、段階的に自立させて行きます。

親が関わるほど、子どもは自立しなくなる

山本さんの場合、本来は中学生の勉強について親は関わらないほうがいいのですが、これまで勉強にかなり関わってきてしまったため、いきなりなくすのではなく、段階的になくします。

例えば、英語だけは教えていくけれども、数学やその他の科目は自分でやるように促すだけにします。または、勉強のやり方を伝え、あとは自分でやらせていくなど、徐々に離していきます。そうしなければ、これまでの習慣からいきなり別のパターンに切り変えるとその反動で、子どもが大混乱する場合があるからです。

何度も言いますが、親は本来、勉強に事細かに関わらないほうがいいのです。親は先生ではないということを強く自覚する必要があるのですが、山本さんのケースは、これまで関わってきてしまったため、このように段階的になくすということを推奨しました。

「親が関われば関わるほど、子どもは自立しなくなる」

この原則をぜひ知っておいてください。とくに、学校の先生のような振る舞いをしていると、子どもは、学校でも先生がいて、家に帰ってきても先生がいて、一体、自分の親って何をする人?と疑問を持つかもしれません。

今のような親の足かせが子どもから外れると、子どもは自分で考え、行動するようになっていくものです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT