「親が先生役」をすると子どもは自立できない

自発的に勉強しない中学3年生の何が問題か

では親の役割は何かということです。親の役割は人によってさまざまな考え方があり、一言で語ることは難しいですが、筆者は次のように考えています。

「子どもの自己肯定感を上げて、自立を促すこと」

そのためには次の2つのステップを行います。

初めのステップは、「親は先生をやるのではなく、子どものよさを見つけ、それを認め、言語化する」ということです。これによって、子どもは自分を肯定され、自信を持つようになります。

次に、子どもの自立を促します。そのためには、いきなり、自立させるのではなく、段階的に自立させて行きます。

親が関わるほど、子どもは自立しなくなる

山本さんの場合、本来は中学生の勉強について親は関わらないほうがいいのですが、これまで勉強にかなり関わってきてしまったため、いきなりなくすのではなく、段階的になくします。

例えば、英語だけは教えていくけれども、数学やその他の科目は自分でやるように促すだけにします。または、勉強のやり方を伝え、あとは自分でやらせていくなど、徐々に離していきます。そうしなければ、これまでの習慣からいきなり別のパターンに切り変えるとその反動で、子どもが大混乱する場合があるからです。

何度も言いますが、親は本来、勉強に事細かに関わらないほうがいいのです。親は先生ではないということを強く自覚する必要があるのですが、山本さんのケースは、これまで関わってきてしまったため、このように段階的になくすということを推奨しました。

「親が関われば関わるほど、子どもは自立しなくなる」

この原則をぜひ知っておいてください。とくに、学校の先生のような振る舞いをしていると、子どもは、学校でも先生がいて、家に帰ってきても先生がいて、一体、自分の親って何をする人?と疑問を持つかもしれません。

今のような親の足かせが子どもから外れると、子どもは自分で考え、行動するようになっていくものです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 埼玉のナゾ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
金利・為替・企業業績を検証<br>暗転する世界経済

8月の金融市場は波乱の展開となった。市場の不安心理を増幅する、貿易の不均衡をめぐる米中対立は激化の一途だ。懸案はそれだけではない。日本や欧州も含め、金利、為替、株、金価格、日本の企業業績など、影響を幅広く検証する。