「親が先生役」をすると子どもは自立できない

自発的に勉強しない中学3年生の何が問題か

よかれと思って「親が先生をやって」はいませんか?(写真:Fast&Slow/PIXTA)

※石田勝紀先生へのご相談はこちらから

中学3年の息子について相談です。間違った問題の振り返りをまったくしません。どこが間違ったかを確認せず、回答を赤ペンで写して丸にする。できたつもりになる作業をして終わります。解答を見たり、先生に聞いて、それだけでできたつもりになって、その後、自分で解くことはしません。
英語でわからずに空白だったプリントがあったので解き直すように言いました。受動態を能動態に変える穴埋め問題です。穴埋めの部分だけを暗記し、文章自体は書けませんでした。しかも、正解がわからなかったので、自分で思い出して書いた回答を暗記していました。正しいかもわからないものを暗記して穴埋めしてできたと思う。理解するために考えることができません。
小学生の頃からこの繰り返しで、いくら言っても直りません。本人が気づかないとどうしようもない問題なのですが、何かあればアドバイスをお願いします。
(仮名:山本さん)

間違ったアプローチ方法でいくらやっても直らない

まず、最大の問題は、「親が先生をやっている」ことにあります。中学校3年の子どもの勉強内容や出来、不出来の細かい分野を、親がなぜ詳しく知っているのか、そこに問題があるのです。

この連載の記事一覧はこちら

「いくら言って直らない」ということですが、何回も言っているから直らないのです。

改善しないことを何度もやって、それでも一向に変化がないということは、そのアプローチ方法は完全に間違っていることを意味します。早く、この矛盾に気づかないといけないでしょう。

次ページ今のアプローチを続けていると…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング