10年周期?「トイ・ストーリー4」こうして出来た

作品プロデューサー「3の頃から温めていた」

ウディはアンディの部屋から、女の子の部屋に移り住んでいて、一番お気に入りのおもちゃじゃなくなっていた。そのタイミングでウディが、ボー・ピープに再会したらどうなるだろう、とね。そんなアイデアに対しては、みんなワクワクしていたよ。

マーク・ニールセンプロデューサーは、「『トイ・ストーリー』があったからこそ、ピクサーが今のスタジオになっている」と語る ©2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

――ピクサーのスタッフの中には、最初の『トイ・ストーリー』に触れたのが4歳の時だった、という若いスタッフもいたそうですが、ピクサーのスタッフにとって『トイ・ストーリー』とはどんな存在なのでしょうか。

「トイ・ストーリー」の意味というのは本当に計り知れないものがあって。『トイ・ストーリー』があったからこそ、ピクサーが今のスタジオになっているというくらいに、歴史があって、重要な作品だ。

この作品は、ピクサーにとっては大きな意味を持っているし、僕たちはずっとこの作品と一緒に生きてきた。それは観客にも同じ事が言えると思う。長い間、僕たちの人生の一部であった。そこにもう1本、この映画を加えることが出来るというのは、ものすごくワクワクすることだよ。

およそ10年間隔で新作登場。次は10年後?

――「1」が1995年、「2」が1999年、「3」が2010年、そして「4」が2019年に公開しています。「2」と「3」、「3」と「4」の公開間隔がほぼ10年というのは偶然なのでしょうか。

「1」からの三部作というのは、あくまでもアンディという少年の成長物語。小さな子どもだったアンディが大学生になる、という時間軸があって。そういうところに添ってストーリーも進められたというところもある。

ただそれが終わって「4」を作るという時は、その時間軸は考えなかった。ウディが新しい環境に置かれた時に、彼はどういう反応をするのか、という方に主軸が置かれたという面はあるね。

――観客が子どもたちである、ということを考えると、およそ10年おきに新作がリリースされるということは、新たなファンの獲得という意味でも、非常に悪くないなと思ったのですが。

それはいいアイデアだね。次も10年後に発表されるかもしれないね(笑)。

次ページ「トイ・ストーリー5」の可能性は
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。