韓国の諜報活動に迫った映画「工作」のリアル度

北朝鮮に潜入した工作員の実話を基に映画化

北朝鮮の中枢に入り込んだ韓国のスパイ・黒金星の実話をベースに映画化した『工作』は、7月19 日に公開予定(東洋経済オンライン読者向け試写会への応募はこちら) ©2018 CJ ENM CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED

1992年、北朝鮮の核開発をめぐって朝鮮半島に緊張が走るなか、北に工作員として潜入するよう命じられた男がいた。

与えられたコードネームは黒金星(ブラック・ヴィーナス)。北朝鮮に潜伏中は、尾行、盗聴、自白剤などでの追求が日常茶飯事であり、たった1つのミスが命取りとなる。多くの工作員たちが命を落としてきたなか、なぜ黒金星は北朝鮮の中枢に入り込み、時の最高権力者となる金正日に接見するまでに至ったのか――。

7月16日(火)に独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

7月19日からシネマート新宿ほか全国順次公開予定の映画『工作』は、北朝鮮に潜入した工作員が目撃した北朝鮮の真実、そして祖国の闇をスリリングに描き出したサスペンスドラマだ。この黒金星は実在したスパイで、本作も歴史の陰に隠された実話をベースにしている。

アクションシーンがないスパイ映画

2018年の第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイト・スクリーニング部門でワールドプレミア上映された本作は、同年8月に韓国で一般公開され、約500万人を動員する大ヒットを記録した。その後、アメリカやフランス、オーストラリア、台湾、シンガポールなどでも公開。釜日映画賞、大鐘賞映画祭をはじめ、数多くの賞を獲得し、韓国の賞レースを席巻するなど、興行的にも批評的にも大成功を収めた。

本作のメガホンをとったユン・ジョンビン監督は「南北に関連した映画はたくさん作られてきたが、その中でこの作品は初めて北朝鮮を描写した映画だと思う。韓国から北朝鮮に行ったスパイの話の部分が新しいと感じられ、また、スパイ映画でありながら、『ボーン』シリーズのようなアクションがなく、それも新鮮に感じられたのかもしれない」と分析する。

次ページ陸軍少佐が諜報機関に転身
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。