10年周期?「トイ・ストーリー4」こうして出来た

作品プロデューサー「3の頃から温めていた」

――そもそも本作を最終章と謳っていますが、今後「5」をつくるということはないのでしょうか。

実際に観てくれた人のリアクションは、人によって全然違う。興味深いことに、半分くらいの人は「もうこれで終わりなんだね」と言ってくれるし、残りの半分の人は「これから始まるね」と言ってくれる。

どうしてそこまで反応が違ってくるのか。僕たちは、ウディとバズの物語をここで完結させよう、という形でこの映画を作ったんだ。だからもしこれが最後の作品になったとしても、ウディとバズの物語としては非常に満足している。でも将来のことはどうなるか分からないけどね(笑)。

2年で3作品がピクサーの製作ペース

――これだけ世界中でヒットしているわけなので、配給のディズニーとしても黙っていないのでは?

それは分からない(笑)。でも実は今、(今年11月に米国でサービスが開始予定となる動画配信サービス)「Disney+」で、(『トイ・ストーリー4』の劇中に登場した新キャラクター)フォーキーの短編を作っている最中なんだ。

――フォーキーの短編はどんな風になるんですか。

「フォーキー・アスク・ア・クエスチョン(原題)」(フォーキーが質問する)というタイトルになると思う。ボニーの部屋が舞台で、『トイ・ストーリー4』の物語が終わった後の世界が舞台なんだ。フォーキーは、自分が生きている世界を知らない。彼にとってはものすごく新しい出来事なんだ。分からないから、いろんなことを質問するというわけ。

――新しい手作りおもちゃのフォーキーはもともと、ゴミから作られたおもちゃですからね。

そう。彼は「愛ってなんなの?」「お金って何?」「芸術って何?」といった質問をしていく。その他にも「チーズって何?」という質問もあるんだ(笑)。

Mark Nielsen/1996年にピクサーに入社。『トイ・ストーリー2』『モンスターズ・インク』『カールじいさんの空飛ぶ家』などにクリエーターとして参加。初期の頃からピクサーを支えてきた。本作で長編映画プロデューサーとして初のクレジットとなった (編集部撮影)

――楽しみですね。今、でピクサー作品はどれくらいのペースで作品作りを行っているのでしょうか。

今は2年おきに、平均3作くらい発表できるようにという風に心がけている。2年で3作というと、8カ月くらいで1本ということだけど、それくらいの周期で映画の企画を出しているということになるね。

――『トイ・ストーリー4』は制作に5年くらいかかったそうですが、制作も含めると、企画から公開まではどれくらいかかるものなのでしょうか。

アイデアを出してから最終的に作品として公開するのは、平均して4年から7年くらいはかかるかな。だから先ほど言ったとおり、2年おきに3本くらいリリースするために、それに合わせて企画や制作を進めている。仕込んでいる作品の数で言うと、自分が抱えているのは、今7本くらい。忍耐強くやらないといけないんだよ(笑)。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • 逆境からの人々
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
給料 最新序列<br>生涯給料をグンと上げる技術

給料をアップさせるには、転職をするか、社内評価を高めるかのどちらか。独自試算した上場3227社の生涯給料ランキング、年齢×ポジション別年収マトリックスなど、公務員を含めた給料の現状と、具体的な引き上げ術を紹介する。