バルサ流育成でヴィッセル神戸はどう変わる?

アカデミー組織の育成メソッド確立も進める

トップチームから12歳以下、さらにスクールまで下部組織は年齢別に分かれている(画像:ヴィッセル神戸アカデミーHPより

「例えば、U-12のカテゴリーで勝利したいなら、大柄なセンターバックと大柄なフォワードを獲得すれば勝てるでしょう。でも、身体能力だけに頼ったサッカーをしていたら、U-18の頃にいい選手になるかどうかわからない。

ボールをどのように運んでいくのか考える選手を育成することで、そのときは勝てなくても、将来はいい選手に育つと思います。こうした考えは、バルサでもヴィッセルでも変わりません」

再び、平野氏に今後の展望を聞いた。

「バルサからヒントを得て、どうやってヴィッセル神戸アカデミーのメソッドを確立させていくか。そのため、これまでアカデミー組織はコーチとスカウトグループの2つだったんですけど、昨年からメソッドグループ、エデュケーショングループ、オペレーショングループを作りました。今は指導者にもヴィッセルのメソッドを学んでもらっていて、ミーティングを頻繁に行い、指導方針をすり合わせています。

若手の育成拠点である「三木谷ハウス」(画像:ヴィッセル神戸アカデミーHPより

マルクともよく話しているんですが、技術、サッカーインテリジェンス、フィジカル、メンタル、人間形成の部分も含め、バランスよく統合的に成長させていくことが大事。

ですから、2009年につくられた若手育成の拠点である『三木谷ハウス』のさらなる充実も含め、オフ・ザ・ピッチの整備にも取り組んでいかないといけないと思っています」

ヴィッセルらしいスタイルを構築するために

FCバルセロナから学び、そのメソッドからヒントを得ながら、オリジナリティを作り上げる――。それは、「バルサスタイル」ではなく、いわば「ヴィッセルズ・ウェイ」と言えるだろう。もっとも、育成の成果が目に見えて表れるまでには、トップチーム以上の時間がかかるはずだ。

ヴィッセルがアジアナンバーワンクラブになったとき、何人ものアカデミー出身者がピッチに立っている。そんな未来は、着実な歩みを積み重ねた先にしかやってこない。

第3部終わり(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小学校<br>子どもが幸せになる選び方

新型コロナ対策に追われる小学校で、4月から学習指導要領が変わりました。プログラミング教育、英語の必修化、アクティブ・ラーニングなど、新しい学びの体系の中で学校の違いがさらに鮮明になります。子どもが幸せになる学校を徹底分析しました。