コネなし“女性和僑”が海外で成功する理由

語学力、資金、人脈、ほぼゼロからのスタート

アジアハーブアソシエイションでは、タイ人、フィリピン人、ラオス人、カンボジア人、中国人などさまざまな国籍の人が働いている。目を輝かせて夢を語るスタッフの姿を見るのがとても好きだと、加瀬さんは言う。

「私、日本人だというだけで高い給料で雇ってもらえる時代は、もう終わったと思っているんです。英語が堪能で優秀なカンボジア人が、月数万円で『そんなにいただけるんですか、頑張ります』といって懸命に働く。会社としては、国籍ではなく、スキルや情熱、その人の持つ可能性で人を採用するのは当たり前のことなのに、実社会ではそれができていないことが多い。最近の日本では、若い方が目をキラキラさせて話す機会が減っている気がして、寂しく思います」

女性和僑はアジアで増えるか

一方、その若い世代の中でも、日本を飛び出す起業家が少しずつ増えている。ASEAN統合を2015年に控え、チャンスを感じる機会が多いのだろう。東南アジア諸国は、親日的な国が多い。もしかしたら中国よりも生活しやすいかもしれない。

10年以上バンコクで暮らしてきた加瀬さんもこう語る。

「タイやその近隣諸国では、日本人はすばらしい国民だという評価を受けています。これは先輩が敷いてくれたレール。このレールに乗ってビジネスできるのは幸運なことだし、このレールを汚さず、大切に引き継いでいく、磨いていくというのは、ここでビジネスをする日本人の使命。これからも頑張っていきたいと思います」

中国では、女性和僑も多いように感じるが、東南アジアではどうなるか。今後の活躍に期待したい。

(次回は、大学在学中に東南アジアで起業した22歳の女性を取り上げます)
 

 

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT