コネなし“女性和僑”が海外で成功する理由

語学力、資金、人脈、ほぼゼロからのスタート

ハーバルボールのような伝承療法が残っていたのは、タイでも田舎町だけだった。言葉を流暢に話せない加瀬さんを、訪ねる町のタイ人たちは、みな歓迎してくれたという。

「このハーブ持っていけとか、ごはん食べていけとか、泊まって行けとか(笑)。少しおせっかいだけど、温かい、タイという国に暮らす人たちをだんだん好きになっていきました。当時30歳半ばだった私は、今、決意しなければもう次はなない、そんな気持ちに揺さぶられ、1年だけ行こうと決意して、貯金300万円だけ持ってタイへ向かいました」

ハーバルボールを使ったマッサージ店を開業

当初、加瀬さんは、タイでビジネスをしようと考えてはいなかった。事業を始めたきっかけは、客として通っていた上質なハーバルボールを使うマッサージ店が急に閉店したこと。その店のオーナーから『ハーバルボールがそんなに好きなら、あなたが自分でマッサージ店をやったら。それで、うちのスタッフも雇ってくれないか』。そうお願いされたことだったという。

昨年11月和僑世界大会で講演する加瀬さん

「家賃の安い古い一軒家を店舗兼住まいとして借りて、2002年、まずは会社組織にはせずに開店。最初はセラピストさんも4人だけ。おカネが足りなくて、日本に帰って借金したこともあるし、もう辞めて帰ろうかと思ったことも何度もあります。『ハーバルボールはすばらしいもの』だという確固たる自信だけはあったのですが、とにかくおカネがない……という日々でした」

店舗工事が9割ほど終わったところで泣きつかれ、残金を全額を支払ったら、翌日から工事業者が来なくなったり、お店の売り上げをごまかしたスタッフを解雇したら、不法解雇で訴えられたり。異国の地ならではの苦労もたびたび経験した。が、当のご本人はあっけらかんとしている。「大変だったといえば、大変だったかな。でもすごくいい経験をさせていただいた」。加瀬さんは、そう穏やかに笑う。

実は、タイは階級社会で、マッサージ店で働くセラピストの女性たちは裕福な生まれではない。その女性たちを束ねるための努力は大変なものだっただろう。

「セラピストの方々の最終学歴は、小学校中退か小学校卒業程度。でも、学歴がないからできないとか、タイ人だからできないとか、そんなことはないのです。タイ人はとても優秀。もし、できないということがあれば、こちらの教え方がよくないのだと思うようにしています」

海外起業を成功させるための3つの柱

「どんな事業であっても、いちばん大切なのは人」。そう言い切る加瀬さんが、タイ人のスタッフと働くうえで、大切にしていることが3つあるという。

① できるだけ具体的に伝えるように心掛ける

たとえば、「きれいにしておくように」と頼む場合。異なる住環境で育ったタイやカンボジアの人に、「きれい」という抽象的な言葉を使っても伝わりづらい。

次ページ言葉ができないとビジネスはできない?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT