「代替わり」こそ衰退産業を復活させる好機だ

京都市にある「街のお米屋さん」の超復活劇

「商店・旅館・農業・伝統産業」は、コンピューターでは代替できない「人間の営み」であり、長く伝承されてきた技術や財・サービスには、次世代に残すべき「価値」があります。

事例を1つご紹介しましょう。京都市の「株式会社八代目儀兵衛」は、もともとは「お米の専門店はしもと」と称する、ごく普通の街のお米屋でした。

京都の老舗らしい屋号に改名

しかし、米の消費が年々減り続けていく状況の中、1997年に実家に戻った現社長の橋本隆志さんは、実家の事業を「ありふれた街のお米屋さん」ではなく「京都の老舗の米販売店」と再定義。「京都が家にやってくる」というコンセプトで「お米ギフトのネット通販」を立ち上げました。同時に、「八代目儀兵衛」という、京都の老舗らしい屋号に改名します。

八代目儀兵衛のお米の詰め合わせセット

橋本さんが構想した「京都の老舗米販売店が選んだお米の詰め合わせセット」という商品特性は、内祝ギフトにピッタリとはまり、ネット通販事業は急拡大しました。また2009年には、京都の祇園に「京の米料亭 八代目儀兵衛」をオープン。2013年には銀座にも店をオープンし、いずれも行列が絶えない人気店になっています。

こうして、「ありふれた街のお米屋さん」は、「ネット通販と米料亭」に業態転換し、見事に再生を果たしたのです。

「八代目儀兵衛」にはもともと、「心変えずに形を変えよ」という教えがありましたが、橋本さんが成し遂げた変革も、この教えに従ったもの、といえます。ただ、それまで続いてきた事業を再定義するには「外部の目」が必要であり、その「外部の目」がもたらされる「代替わり」は、イノベーションの絶好のチャンスになるのです。

【2019年6月21日14時50分追記】初出時、「心変えずに形を変えよ」について家訓としていましたが、事実と異なりましたので上記のように修正しました。

16の事例を研究する中で、日本を再生するためのキーコンセプトとして、「ビギナーズ・マインド」「増価主義」「地産外招」の3つを導き出しました。この3つのキーコンセプトは複合しているのですが、簡単に言えば次のような流れです。

次ページ事業継承は成長させるチャンス
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。