マツキヨ・ココカラ提携、「経営統合」の前触れか

ドラッグ業界1位・ウエルシア包囲網の可能性

大坂・阿倍野区にあるマツモトキヨシの店舗(左)と、東京駅の駅ナカにあるココカラファインの店舗(写真:左はマツモトキヨシ提供、右は記者撮影)

ドラッグストア大手のマツモトキヨシホールディングスと同業のココカラファインはこの4月、資本業務提携に向けた協議を開始すると発表した。

マツキヨは2019年3月末現在で1654店、ココカラは同1354店を全国に展開している。ともに都市型店舗が多く、展開エリアを相互に補完できる関係もある。調剤事業に力を入れている点も共通している。マツキヨは海外に店舗を積極的に展開し、インバウンドに強い。ココカラは関東の「セイジョー」と関西の「セガミ」が経営統合してできた。

両社は今年9月までの合意を目指す。出資比率など提携の詳細は現時点では未定だ。

「2015年ぐらいから」提携話が浮上

「2015年ぐらいから業務提携話が出ていた。都心を中心とした展開や調剤が強いなど特徴が似ている。資本業務提携をすれば、お互いにメリットが出せる」

マツキヨの松本清雄社長は4月に開催された2018年3月期の決算説明会の席上、ココカラとの提携についてこのように語った。

マツキヨはかつて、売り上げ規模で業界首位を守り抜いてきたが、ウエルシアホールディングスやツルハホールディングスと違い、大規模なM&Aを行ってこなかったため、2018年度は業界5位に転落することが濃厚だ。

ところが、採算のよい化粧品を拡張するなど利益重視の経営を貫き、2019年3月期の業績は、売上高5759億円(前期比3.1%増)、営業利益360億円(同7.3%増)、営業利益率は6%台と高水準。売上高で業界首位であるウエルシアの営業利益率3%台を上回っている。

次ページココカラは利益が伸び悩む
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。