マツキヨ・ココカラ提携、「経営統合」の前触れか

ドラッグ業界1位・ウエルシア包囲網の可能性

一方、ココカラの2019年3月期は、売上高が4005億円(前期比2.5%増)だったものの、営業利益は129億円(同5.8%減)と減益に転じた。天候不順で客足が落ち、採算のよい季節物商材の販売が伸び悩んだうえ、出店費用や人件費が圧迫した。

5月22日に行われた決算説明会でココカラの塚本厚志社長(記者撮影)

今回の提携は、(ココカラの)収益底上げに重点が置かれると見られる。

提携第1弾として考えられるのがPB(プライベートブランド)の共有だ。マツキヨは自社会員のデータに基づき、付加価値の高いPBを開発。さらに、新しいアイデアを考案・検討する「商品開発応援プロジェクト」が軸となり、妊娠中でも食べられるカフェインが入っていないチョコレートといった斬新な商品を生み出してきた。今後、マツキヨのPBをココカラの店舗で販売する予定だ。

物流共同化や調剤事業でシナジー

マツキヨにとっては自社PBの販路拡大につながり、ココカラにとっては品ぞろえを拡充できる。

5月10日の決算会見で話すマツキヨの松本清雄社長(記者撮影)

物流の共同化も検討項目の1つだ。マツキヨは丸和運輸機関などの物流会社に物流業務を委託し、物流倉庫を持たない一方、ココカラは自社で物流倉庫を保有している。「マツキヨがココカラの物流倉庫を一部活用することも考えられる」(ココカラ関係者)。

【2019年5月26日9時7分注記】マツキヨが物流業務を委託している先について、表記のように修正いたします。

【2019年5月27日11時45分注記】丸和運輸機関に関する表記について、上記のように修正いたします。

調剤事業でもシナジーを見込める。ココカラはここ数年、中小規模の調剤薬局を次々と買収している。マツキヨとココカラの調剤事業の売上げを合算すると1000億円規模となり、業界首位のウエルシアの約1200億円に迫る。調剤事業の規模拡大により、医薬品の共同仕入れなどのメリットが出てきそうだ。

次ページ真の狙いは両社の経営統合?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT