33歳「幼児残し修行に出た夫」と決別した妻の今

会社同僚夫が「ワインを水に…」のスピ傾倒

そして決定的な出来事が起こる。家族でハワイに旅行するためにと貯金していたお金を使い、夫がスピリチュアル修行の名目でインドへ旅立ったのだ。

「今の俺にはインド修行の方が優先順位が上だと言われました。ガンジス河に沈んできてくれないかな、と本気で願いましたね。そうすれば生命保険も下りるし、私もバツがつかずに済みます。そう思うくらい追い詰められていました」

やよいさんは、インドから帰ってきた夫に離婚の意思を告げた。「とりあえず別居しよう」という夫の提案に対し、「面倒から逃げるための別居なのか、やり直すための冷却期間なのか。逃避なら、時間が勿体ないので別れてほしい」そう迫った。本当なら家族3人で仲良く暮らしていきたい――残された、一縷(いちる)の望みだった。だが、その願いはあっけなく裏切られる。

親権を取り合うこともなく終わった調停離婚

「夫はヘラヘラしながら、それじゃあ仕方ないな、と離婚に同意したんです。で、君たち2人はこれからどうやって生活するの?と。親権の“し”の字も出なかったですよ。あんな夫でも子どもはパパが大好きだったから、その一言はさすがに刺さりました。怒りというより、圧倒的な虚しさです」

離婚に際しては、やよいさんが1人で区役所へ通い、手続きや手順を調べ上げた。そこで勧められたとおり、離婚調停を申し立てることに。

「調停の目的はただ一つ、養育費からのばっくれを防ぐことでした。調書などで記載をすれば強制執行が可能になり、会社員である彼の給与を差し押さえてもらうことができます。

調停員の前で“借金”“育児放棄”“スピリチュアル”について話しましたが、その時の彼らの渋い表情が今でも忘れられません。残念な夫で気の毒だね、っていう顔でした」

調停に遅刻してきた夫との間で取り決められたのは、親権は母親が持つことと、月額3万円の養育費の支払いだった。算定表に基づけば5万円相当になる養育費だったが、確実に支払えるのは3万円が限度だという夫の言い分をのむ形となった。何よりやよいさんは、調停が長引くことを避けたかった。

「調停はあっさり終わりましたね。調停を申し立てると離婚届も必要ないんですよ。そのまま2人でランチをして、じゃあ達者で!という感じで解散しました。私としては、やっと新しいスタートが切れると気分上々でした」

次ページシングル生活への不安を払拭してくれたのは“FP”
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT