「ワインの手土産」絶対に失敗しないプロの選択

美味しさの基準を知り相手に合わせ考えよう

これだけ読めばきっと間違いはおこさないはずです(写真:kai/PIXTA)

ゴールデンウイーク、いかがお過ごしですか?

ホームパーティやバーベキューなど、なにかと「お呼ばれ」されることが多いこの時期。(なにを持っていけばいいんだろう?)と“手土産”で頭を悩ませている人は多いはず。

贈った相手に「センスがいい」と喜んでもらいたい…。そんなプレッシャーのあまり、わざわざ遠くまで話題のスイーツや、おつまみなどを買いに出かける人もいるとか。

「じゃあ手土産に、ワインはどう?」なんてすすめると、たいてい「ワインって、味の違いがよくわからないから、贈る自信がない」「種類がいっぱいありすぎて選べない」っていう声が返ってきます。

日本一の庶民派ソムリエこと私、小久保 尊はそんな人たちに声を大にして言います。

「ワインの味はまったく違うよ!」「選ぶのめっちゃ楽しいよ!」って。

庶民にとって、ワインってなんとなく偉そうだ。近寄りがたい雰囲気を放っている。わかります。すごいよくわかります。でも一度コツをつかんでしまえば、ワイン選びって超簡単なんです。おまけに、「どのワインにしようかな」と悩むこと自体が、楽しくてたまらなくなりますから。

というわけで、ワインに対して引き気味な庶民派のあなたに、「手みやげにワインを選ぶなら知っておいてほしい最低限の知識」を拙著『図解ワイン一年生』より、お伝えします。

そもそも「ワインの美味しいってなにか」を知る

ワインには「わかりやすく美味しい」ものと、「わかりにくく美味しいもの」が存在します。前者は、誤解を恐れずにいうならば、ジュースのようにおいしいもの。果実感がドーンと前に出るワインです。後者は、繊細で複雑な香りや、味わいを楽しむもの。いわゆる高級ワインに多い。

次ページ初心者は「わかりやすく美味しいもの」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラの視点
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT