新人もベテランも「メモ」を取るべき科学的根拠

メモを取らない人の仕事はかなり非効率だ

記憶に関するミスを減らす近道はメモを取ることです。メモの効能を知れば、仕事の効率がさらに上がります(写真:Yagi-Studio/iStock)
「メモを取れ」――。今も昔も、新人の頃には誰しもがこう言われます。しかし、「メモなんかしなくても覚えているから大丈夫」「めんどくさい」「意味がない」と思っている人も多いのではないでしょうか? 本稿では、記憶術・勉強法の専門家である宇都出雅巳さんの新著『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』の内容を抜粋・再構成して、そんな疑問にお答えします。

1日経つと7割忘れてしまう

メモの効能の前に、まずは人間の記憶についてお話ししたいと思います。

例えば、仕事におけるミスといえば、「上司の指示を忘れる」「書類をどこに置いたか忘れる」「人の名前を忘れる」といった、記憶に関するものが真っ先に思いつきますよね。「しっかり覚えた!」「忘れないだろう」と思っても、いつの間にか忘れてしまう。私たちの脳は、予想以上に頼りないのです。

(出所)『図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方』

図は記憶に関する研究の草分けともいえる「エビングハウスの忘却曲線」と呼ばれるものです。

グラフの縦軸は「節約率」と呼ばれ、最初に完全に記憶する手間(時間・回数)に比べて、どれだけ再び完全に記憶するまでの手間が節約できたかを表す指標です。いわば、記憶の保持率、逆に考えれば忘却率ともいえます。

ここで注目してもらいたいのは、覚えた直後の急速な忘却カーブです。「完全に記憶した」と思っても、20分後にはすでに42%を忘れ、1時間後には56%、1日後には74%を忘れるという結果になっています。

次ページ自分の記憶に期待しすぎている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT