「本屋大賞」批判はあっても高く支持される理由

直木賞と芥川賞にない「素人感」が一番の武器

ベストセラーを量産する「本屋大賞」はどのように発展してきたのか?  写真は昨年4月、『かがみの孤城』で「2018年本屋大賞」を受賞し、授賞式であいさつをする小説家の辻村深月さん(写真:共同通信)

今年も「本屋大賞」の季節がやってきた。1月22日、第一次投票の上位10作が発表されて、すでに書店の店頭を飾っているが、第二次投票の最終結果が4月9日、東京の明治記念館で発表される。出版業界がざわつく、春の風物詩だ。

本屋大賞が始まったのは2004年だが、以来、大賞作品は例外なくベストセラーになり、50万部、100万部を超えることも珍しくない。映像化と親和性の高い作品が受賞しやすいのも特徴のひとつで、先月には上橋菜穂子『鹿の王』(2015年大賞)のアニメ映画化が発表された。また今年は、恩田陸『蜜蜂と遠雷』(2017年大賞)を原作とする映画の公開も控えている。世の中にはさまざまな小説や文学賞があるが、物語性の豊かな既刊の小説を対象にした賞のなかでは、ダントツの売り上げをたたき出す存在だ。

どうして本屋大賞はここまで支持されるようになったのか。これを読者として、どう受け止めればいいのだろうか。

「本屋大賞」をめぐる問題

振り返ってみると、この賞は始まった当初からいくつもの問題点が指摘されてきた。

書店員は本のことをよく知っている。埋もれた名作を掘り起こすような目利きであってほしい。なのに本屋大賞で選ばれるのは、すでに売れている本ばかりだ。……こういう批判はいまだに根強くある。

2006年、大賞になったのはリリー・フランキー『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』だが、そのとき同作は100万部を突破していた話題作。さすがに書店員たちの見識が疑われた。2011年、広島出身の東川篤哉が『謎解きはディナーのあとで』で1位になったときには、版元の営業戦略に乗せられて地元の書店が大量の票を投じたのではないかと言われ、翌年から二次投票のルールが改正。参加する書店員はノミネート全作を読んだうえ、そのすべてに推薦コメントを添えて投票しなければならなくなった。

次ページ「本屋大賞」に失望する人たち
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。