「本屋大賞」批判はあっても高く支持される理由

直木賞と芥川賞にない「素人感」が一番の武器

第1回の大賞を受賞した小川洋子の『博士の愛した数式』(新潮社)は、受賞前には約9万部ほどの中規模なベストセラーだったが、受賞後の反響がすさまじく、またたく間に20万部近くを増刷。「前年に直木賞をとった石田衣良『4TEEN』よりも売れ行きがいい」という新潮社の担当者のコメントが出るなど、当初の想定を超える実績を上げた。

賞を主催するNPO法人「本屋大賞実行委員会」の杉江由次は、出版社「本の雑誌社」の営業マンでもあるが、書店員たちと共に創設から賞の運営に携わってきた人だ。賞が成功した大きな要因のひとつに、やはり第1回のときの経験を挙げている。「メディアに取り上げてもらったおかげもあって、大賞もよく売れたでしょ。始める前は考えもしなかった。あれがなかったら、いまこんなに注目される賞にはなっていなかったと思います」という。

しかし、正直なところは……というかたちで、こうも語った。「だんだんとすごく騒がれる賞になっていますが、運営しているみんなの気持ちはね、いまでも“町のお祭り”という感じなんですよ」。

「賞の未来」は読者にかかっている

もともと実行委員会を構成している中心は、有志の書店員たちだ。誰ひとり文学賞を運営した経験などない。一回一回手さぐりで続けてきた、というのは確かな実感だろう。どうあっても素人感がにじみ出る。

その特徴が好転したところに、いまの本屋大賞がある。このまま素人感を堅持していけば、この賞の魅力はしばらく衰えないと思うが、そんなことは周りが言わずとも、運営している人たちは百も承知だろう。

では、読者が本屋大賞に対してできることは何なのか。けっきょく面白そうだと思ったらノミネート作や大賞を読んでみる、つまらなそうだと思ったら買わない、という原点に帰りつく。そして、そういう読者の選択に賞の未来がかかっている、というのは本屋大賞にとっても本望にちがいない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT