緊張でガチガチのプレゼンで成果を残すコツ

「印象の薄い人」が覚えるべき3つの話し方

プレゼンも同じです。1時間の話も、体験してもらえば一瞬で伝わるのです。話のストーリーに体験を加えることです。

例えば、サービスを体験してもらう。実際に動いているのを見せる。店の様子を展示する、などなど。言葉だけではなくお客さんに体験してもらうことで、より強く訴求することができるのです。

空気は、読むものではなく、作るもの

また、「なぜ皆が寝ているかわからない。その場の空気が読めていないのでしょうか?」と質問されることがあります。

しかし、空気は、読むものではなく、作るものです。

メトロノームや、時計の振り子が規則的に動くのをじっと眺めていると、どんな人でも眠くなります。プレゼンも同じです。いくらリズム感がよくても、同じリズムで話し続けていたら、眠くなります。しかもリズム感よく速く話すと、眠気は加速されます。

もしお客さんを寝させたかったら、同じリズムで早口で話せば確実に寝てくれます。

このことを理解いただくために、私は講演会で「空気を作り、寝させない方法」を実験することがあります。次のような流れです。

① いきなり黙り、5秒間沈黙。
② 「空気感が変わったのわかるでしょう?」
③ 「空気は自由に作れるんですよ」
④ 「そのためには、ゆっくりとしゃべることですよ」
⑤ いきなり黙って間を置いた後、突然「……そこのあなた!」と言う。
『緊張して話せるのは才能である』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

こうすると全員、自分のことかと思いキョロキョロする。「そこのあなたですよ」と再度言う。眠い人がいたら、これで絶対起きます。

黙ったり、ゆっくり話す。間を取って、聴き手の意識を集中させることです。速く話すと人は次々と寝てしまいますが、逆にいきなり黙ると、寝ている人も気がついて起きます。

間の取り方は一定ではなく「可変長」です。黙っている時間が空気を作るのです。お客さんが興味を持っているプレゼンの冒頭3分以内に空気を作ってしまうのが一番効果的です。

冒頭で「あなたはこんなときどうしますか?」「この商品の原料はどこでとれるか分かります?」など、質問やクイズから開始する方法もあります。

体を動かしてもらう、沈黙の時間を作る、体験してもらう。これらにより、誰でも起きてくれるのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。